心筋梗塞の再発にそなえた現実的な予防と対策~考えよう、お金のこと~
心筋梗塞の再発にそなえた現実的な予防と対策~考えよう、お金のこと~
心筋梗塞の再発にそなえた現実的な予防と対策~考えよう、お金のこと~ » 万が一の心筋梗塞の再発時に備えて 手術費用を確認しておきましょう » カテーテル検査の費用

カテーテル検査の費用

心筋梗塞のカテーテル検査の費用目安

心臓カテーテル検査は日帰りや1泊2日で行われるのが主流ですが、病院によっては2泊3日ほど要する場合もあります。費用の目安としては宿泊日数や施設にもよりますが、3割負担とすると概ね4万円〜10万円程度と考えていいでしょう。10割負担の場合は10〜30万円程度かかるということになります。

心筋梗塞のカテーテル検査の内容

心筋梗塞のカテーテル検査は手首からカテーテルを挿入し、冠動脈に造影剤を流し込んでX線撮影をするというものです。以前はカテーテル検査というと足の付け根から挿入する大掛かりなものでしたが、昨今では手首から挿入することやカテーテルが細くなっていることから、体への負担やリスクが大幅に減少しています。手首や腕からの挿入が困難で足の付け根から挿入する場合は、入院日数や安静にする期間が少し長くなることが多いようです。

カテーテル検査のリスク

検査とはいえ心臓にカテーテルを挿入するため、合併症などのリスクはゼロではありません。最も重大なリスクは、脳梗塞や急性心筋梗塞を引き起こしてしまう可能性があることでしょう。また、造影剤の注入によりアナフィラキシーショックや腎機能の悪化が生じたり、血栓症などが誘発されたりすることも考えられます。とはいえ、これらは非常に稀なことであり、検査をしないで放置しておくことのほうが危険であるといえます。正確な診断を行うことで早期発見につながり、命が助かる可能性も高まるということをよく理解しておくことが大切です。

心筋梗塞の手術費用をまとめてチェック

カテーテル検査でわかること

心筋梗塞のカテーテル検査では、どの血管のどの部分に狭窄や閉塞が生じているかを把握することができます。どこが詰まっているかを判断できれば的確な治療を進めることができるため、心筋梗塞が疑われる患者に対しては必要不可欠な検査といえるでしょう。

再発予防には生活習慣の見直しと経済的リスクヘッジを

心筋梗塞はいつ再発するのか予想が難しく、ともすれば明日救急車で運ばれるかもしれない病気です。できる限り再発防止に努めることはもちろん、医療保険に加入するなどお金の準備も万全にしておきましょう。経済的なリスクヘッジをとることで、精神的な安心を得ることもできます。

B!ブックマーク Twitter Facebook LINE
icon
あなたはその時、払えますか?
心筋梗塞の医療費シミュレーション

自己負担額は、医療保険の加入有無、高額療養費制度の利用によって変わります。先進医療の医療費300万円を含む、治療費総額500万円の場合で自己負担額を算出してみました。

360万

医療保険に入っていない場合、公的医療保険によって自己負担額は3割となります。ただし先進医療は対象外のため、自己負担額は高額に。

309万7,430

高額療養費制度を利用すると、自己負担限度額を超えた医療費が払い戻されます。ただし公的医療保険が適用外の治療は除外されるため、先進医療の治療費は丸ごと自己負担に。

9万7,430

先進医療を保障する医療保険の大半は、先進医療の技術料と同額の給付金を受け取れます。高額療養費制度と併用すれば、さらに自己負担額は軽減。