心筋梗塞の再発にそなえた現実的な予防と対策~考えよう、お金のこと~
心筋梗塞の再発にそなえた現実的な予防と対策~考えよう、お金のこと~
心筋梗塞の再発にそなえた現実的な予防と対策~考えよう、お金のこと~ » 万が一の心筋梗塞の再発時に備えて 手術費用を確認しておきましょう

万が一の心筋梗塞の再発時に備えて 手術費用を確認しておきましょう

心筋梗塞の外科手術費用目安

医療費を3割負担した場合の費用は概ね以下の通りです。

カテーテル・ステント手術の内容と費用

カテーテル・ステント手術は体に優しい低侵襲治療であるため、2〜3日で退院できることが多いのが特徴です。費用も比較的安く、1泊で5〜11万円、2泊で6〜14万円くらいが相場となっています。

カテーテル手術とは、カテーテルと呼ばれる細い管を血管内に挿入し、狭くなった血管を広げる手術です。その際カテーテルで血管を膨らませるだけでは元に戻ってしまうこともあるため、該当箇所にステントと呼ばれる金属でできた筒を挿入し、留置させます。これがステント手術であり、動脈硬化などで縮んでしまった血管をほぼ確実に広げることができるのが特徴です。体に負担の少ない治療法であるため、特に高齢者や合併症のリスクのある患者に好ましい治療法とされています。

稀に手術中に大きな血管が詰まることで緊急手術に発展したり、命の危機にさらされたりすることがリスクとしてあげられます。

心筋梗塞のカテーテル治療(ステント手術)の費用と内容の詳細

バイパス手術の内容と費用

カテーテル治療が内科的手術であるのに対し、バイパス手術は切開を伴う外科的手術です。大規模な手術になるため、費用も80〜100万円と高額になりがちです。

バイパス手術は胸を切開し狭くなっている部分に新しい血管をつなぐため、1度の手術で確実に効果が出るのがメリットでしょう。ただし体への負担は大きいため、回復までに時間がかかることはデメリットであるといえます。

心筋梗塞のバイパス手術の費用と内容の詳細

カテーテル検査の内容と費用

カテーテル検査は心筋梗塞や狭心症の診断時に行われる検査です。手首や足首から冠動脈の入口までカテーテルを通し、冠動脈に造影剤を流し込んだ状態でX線撮影することで、詰まっている場所を正確に把握します。

心筋梗塞のカテーテル検査の費用と内容の詳細

心筋梗塞の先進医療とは

先進医療の費用

先進医療の費用は全額自己負担になることが大きな特徴です。先進医療と通常の治療が混在している場合、通常の治療部分のみに3割負担が適用されることとなります。また、先進医療に関しては基本的に高額療養費制度の対象にならないため注意が必要です。

現在の先進医療

水素ガス吸入療法

心停止後に心拍が再開した場合に心臓や脳機能への障害を和らげる効果があるとされるのが、水素ガス吸入療法です。直接的な治療法ではありませんが、心筋梗塞で心停止が起こった際に取り入れられることがあります。

先進医療から保険適用となった手術

エキシマレーザー

エキシマレーザー治療はかつて先進医療として認定されていましたが、平成24年より保険適用の治療となっています。心筋梗塞の原因となる動脈硬化をレーザーで蒸発させ取り除くことで、再び動脈硬化ができるのを防ぐことができます。

エポエチンベータ投与療法

急性心筋梗塞の場合、詰まった血管を一刻も早くカテーテルや薬によって広げ、血液が再び流れる状態にする必要があります。これを再灌流療法と呼びますが、このとき心筋梗塞の部分を拡大させてしまうリスクがあり、のちに心不全になるなど命に関わる問題が起こることがあります。エポエチンベータ療法は、再灌流療法が成功した患者に対し、細胞保護作用や血管新生作用のあるエポエチンベータを投与することによりこのリスクを未然に防ぐ治療法です。

B!ブックマーク Twitter Facebook LINE
icon
あなたはその時、払えますか?
心筋梗塞の医療費シミュレーション

自己負担額は、医療保険の加入有無、高額療養費制度の利用によって変わります。先進医療の医療費300万円を含む、治療費総額500万円の場合で自己負担額を算出してみました。

360万

医療保険に入っていない場合、公的医療保険によって自己負担額は3割となります。ただし先進医療は対象外のため、自己負担額は高額に。

309万7,430

高額療養費制度を利用すると、自己負担限度額を超えた医療費が払い戻されます。ただし公的医療保険が適用外の治療は除外されるため、先進医療の治療費は丸ごと自己負担に。

9万7,430

先進医療を保障する医療保険の大半は、先進医療の技術料と同額の給付金を受け取れます。高額療養費制度と併用すれば、さらに自己負担額は軽減。