心筋梗塞の再発にそなえた現実的な予防と対策~考えよう、お金のこと~
心筋梗塞の再発にそなえた現実的な予防と対策~考えよう、お金のこと~
心筋梗塞の再発にそなえた現実的な予防と対策~考えよう、お金のこと~ » 心筋梗塞とは » 心筋梗塞と他の心疾患の違いとは

心筋梗塞と他の心疾患の違いとは

心疾患や虚血性心疾患などという言葉をよく耳にしますが、心筋梗塞との違いについて知っていますか?ここでは他の心疾患との違いについて紹介します。

心疾患や虚血性心疾患の意味

心疾患とは日本人の死亡原因の第2位と報告されるほど、多くの方が患っている疾患です。心疾患とは心臓の病全般が含まれており、虚血性心疾患や心筋症、慢性リウマチ心疾患などが含まれています。

つまり心臓に関わる病気であれば、心疾患と言うことです。 心疾患の中でも最も多いのが虚血性心疾患。心臓の筋肉へ血液を送るための冠動脈の血流が何らかの要因で妨げられることで、心筋が酸素や栄養の不足に陥った状態のことを虚血性心疾患と呼びます。虚血性心疾患には、狭心症や心筋梗塞の2つの疾患が含まれます。

狭心症と心筋梗塞の違い

狭心症と心筋梗塞は同じように思われがちですが、全く異なります。両者とも冠動脈の血流が妨げられるのですが、完全に塞がれた状態を「心筋梗塞」、一部分流れが悪くなったものを「狭心症」です。

そのため心筋梗塞の場合、完全に血流が遮断されるため突然死のリスクを伴います。また狭心症が進行することで、心筋梗塞を発症する可能性もあるでしょう。

症状の違い

狭心症、心筋梗塞ともに胸痛を訴えることがあります。しかし狭心症の胸痛は数分から15分程度で収まり、安静にしていれば落ち着くでしょう。一方、心筋梗塞の場合には狭心症よりも激しい痛みを発症させ、20分以上継続し、酷い場合には数時間続いてしまうこともあります。

対処法の違い

狭心症と診断され、さらに症状によってはニトログリセリンなどの常備薬を持ち歩くことが一般的です。発作時にニトログリセリンを服用することで症状を落ち着かせる効果が期待できます。しかし心筋梗塞にはニトログリセリンは効果がありません。処置が遅ければ死亡リスクも高まるため、痛みを我慢せずに救急車を呼ぶことが大切です。

虚血性心疾患以外の心疾患とは

弁膜症

心臓には血液の逆流を予防するための弁が4つあり、弁膜症とは4つのいずれかの弁の障害を発症している病気です。これには弁が硬くなってしまい開きにくくなる「狭窄症」、弁が閉じることができずに血液が逆流してしまう「閉鎖不全症」があります。

多くは小児期にかかるリウマチ熱という病気の合併症で発症するようです。20歳代で弁の異常が進行し、30~40代になると症状がハッキリ現れるようになります。弁膜症には先天性のケースもあれば、動脈硬化などの疾患によって後天的に生じるケースもあるでしょう。

不整脈

基本的に心臓は電気信号によって、規則正しい一定のリズムを刻んでします。しかし電気信号の刺激が乱れる、断線する場合には心臓は不規則に収縮してしまい、不整脈として症状が現れます。自覚する場合もありますが、無自覚なこともあり、急に失神することもあるようです。

心不全

心不全は、病名ではありません。状態を表す言葉で、心臓の血液を送るためのポンプ作用が衰え、全身に血液をスムーズに運ぶことができない状態のことです。全身の浮腫みなどの症状が現れてきます。狭心症などが起こることで心機能が衰え、心不全を併発することもあるでしょう。

B!ブックマーク Twitter Facebook LINE
icon
あなたはその時、払えますか?
心筋梗塞の医療費シミュレーション

自己負担額は、医療保険の加入有無、高額療養費制度の利用によって変わります。先進医療の医療費300万円を含む、治療費総額500万円の場合で自己負担額を算出してみました。

360万

医療保険に入っていない場合、公的医療保険によって自己負担額は3割となります。ただし先進医療は対象外のため、自己負担額は高額に。

309万7,430

高額療養費制度を利用すると、自己負担限度額を超えた医療費が払い戻されます。ただし公的医療保険が適用外の治療は除外されるため、先進医療の治療費は丸ごと自己負担に。

9万7,430

先進医療を保障する医療保険の大半は、先進医療の技術料と同額の給付金を受け取れます。高額療養費制度と併用すれば、さらに自己負担額は軽減。