心筋梗塞の再発にそなえた現実的な予防と対策~考えよう、お金のこと~
心筋梗塞の再発にそなえた現実的な予防と対策~考えよう、お金のこと~
心筋梗塞の再発にそなえた現実的な予防と対策~考えよう、お金のこと~ » 心筋梗塞でも入れる!おすすめの緩和型医療保険を比較 » ちゃんと応える医療保険 EVER

ちゃんと応える医療保険 EVER

アフラックのちゃんと応える医療保険 EVERの評判や保険料・保障内容を調べてまとめました。通院でも給付金が受け取ることや三大疾病に備えることができるのが特徴です。加入する時に告知する事項を参考に保険を選ぶ参考にしてください。

ちゃんと応える医療保険 EVERの口コミ評判

良い口コミ

  • 特に契約二年以内の初回請求は、結構調査が入り時間がかかることもあるみたいです。今まで手術給付金を2回請求してますが、初回は二週間位かかりましたが、2回目は3営業日で振り込まれました。診断書に既往症の記載があったため、契約前の発症かどうかを判定されていたのかもしれません。公開資料をみると、アフラックは告知義務違反による契約解除が年間1000件以上あり、これは請求数の1%は確実にありますから違反の摘発に力を入れているのかなと言う印象です。
    引用元HP:みん評
    https://minhyo.jp/aflac/tags/chantokotaeruever
  • ずっと利用することはありませんでしたが、妊娠して8ヶ月の時に切迫早産になってしまい、1ヶ月入院することになりました。医療費は保険なので高くはありませんでしたが、差額ベッド代が一日5,000円かかり、1ヶ月なので出産前に大きな負担となりましたが、保険会社に問い合わせてみると保険がおりることがわかり大変助かりました。入院1日5,000円の保険だったので、ちょうど差額ベット代が賄えたことになります。手続きも電話と書類作成だけで簡単で、入金も早く医療保険に入っていて良かったと思いました。
    引用元HP:みん評
    https://minhyo.jp/aflac/tags/chantokotaeruever
  • 少し不満が残った口コミ

  • いざという時の保険なのに、全く頼りになりませんでした!手術給付金の請求のために診断書を提出すると、書いてあることを信用しない。根掘り葉掘り質問してくるし、手術自体がカバーされていないかも、とか言い出す始末。さすがに後で撤回したけど。最終的には、調査が必要だから時間をもらう、ということになりました。5万円以下の支払で、しかも診断書のために6000円払ったにも関わらず。これでは保険に入った意味がないです。
    引用元HP:みん評
    https://minhyo.jp/aflac/tags/chantokotaeruever
  • 保険サービス内の医療相談をさせていただいたのですが、あまり気持ちのいいものではありませんでした。夜遅くお忙しかったのか、仕方ないのかもしれないですが、こちらは、心配で心配で誰かに聞きたくて連絡をしているのに、そんなことは知りません。で終了されてしまったのは残念です。保険料高いのに…。サービスぐらいはしっかりしてほしい。
    引用元HP:みん評
    https://minhyo.jp/aflac/tags/chantokotaeruever
  • 今回初めて主人がケガをしてしまい何もわからなかったので必要な書類等をさんざん聞いてアフラックに郵送いたしました。そして振り込まれたのが何故か1日分のみ。不思議でアフラックに電話したところ、いらないと言われた書類が必要と言われ、郵送する前に診断書のコピーで良いと言われたのですがと言ったら、いいえ、必要ですと言われた。その後、話をしていくと話がコロコロ変わり結局必要ないと言われました。
    引用元HP:みん評
    https://minhyo.jp/aflac/tags/chantokotaeruever
  • ちゃんと応える医療保険 EVERの保険料詳細

    月々の保険料:8,959円

    保険料シミュレーションの詳細

    引用元HP:ちゃんと応える医療保険 EVER
    https://www.aflac.co.jp/iryo/cever_jok/simulation.html

    通院なしプランを選び、三大疾病一時金特約/三大疾病無制限長期入院特約/先進医療保障特約を付けた場合の50歳男性の保険料です。

    ちゃんと応える医療保険 EVERの給付金

    重大手術とはがん(悪性新生物)に対する開頭・開腹・開胸手術など所定の手術を行った場合です。通院給付金は入院する前の60日間と、退院後120日間が対象で最高30日まで保障を受けることができます。

    心筋梗塞や持病があっても入れる
    おすすめの緩和型医療保険を10社比較

    保険料

    ちゃんと応える医療保険EVERには様々なプランが用意されています。そのため、ここでは日額5000円の通院なしプランについて紹介するので、他のプランが知りたい方は公式サイトで確認してくださいね。

    年齢 男性 女性
    40歳 1,880円 1695円
    45歳 2,310円 2,050円
    50 歳 2,825円 2,490円
    55歳 3,495円 3,020円
    60 歳 4,360円 3,715円

    通院なしプランを選び、三大疾病一時金特約/三大疾病無制限長期入院特約/先進医療保障特約を付けた場合の、30・40・50・60歳の各保険料は以下の通りです。

    「ちゃんと応える医療保険EVER」の30歳から70歳までの各世代の保険料の平均は9,910円となり、他社と比較すると高めです。世代毎の平均と保険料を比較してみても、全ての年代で平均より高めとなります。

    その理由として「ちゃんと応える医療保険EVER」は健康に不安がある方でも保険を持つことができるように、健康な方と比べて保険料が少し高くなることが挙げられます。また、保障が他社と比較して手厚いことも理由としてあります。

    ガン・急性心筋梗塞・脳卒中で約款が定める条件に当てはまると一時金を受け取ることができる「三大疾病一時金特約」が付加されています。また、この保険には給付金等の支払削減期間がないので、契約の1年目からもしもに備えたい方にとって嬉しいですよね。何といっても引き受け制限が緩く設定されているので、他社で保険に加入できなかった方で諦めていた方もこの保険に加入できる可能性があります。

    給付金

    入院(5日未満) 25,000円/一律
    入院(5日以上) 5,000円/1日
    手術給付金 200,000円~25,000円
    放射線治療給付金 50,000円/1回

    ちゃんと応える医療保険 EVERのおすすめ保障内容

    日帰り入院から保障

    5日未満の入院は一律2.5万円分が受け取ることができます。これは日帰り入院においても対象になります。短期入院が増えている昨今では嬉しい保障です。

    入院前後の通院にも保障あり

    突然の入院を除いて多くの場合、入院の前後に通院をする必要が出てくると思います。そんな時にも保障でカバーできるようになっています。

    三大疾病にしっかり備える

    特約をつけることで、三大疾病(がん・脳卒中・急性心筋梗塞)になった場合に入院支払日数が無制限にすることや、一時金を受け取ることができます。

    ちゃんと応える医療保険 EVERの告知項目

    ちゃんと応える医療保険EVERのアフラックの基本情報

    会社名 アフラック生命保険会社
    住所 東京都新宿区西新宿2-1-1 新宿三井ビル

    チェックしておきたい他の緩和型医療保険商品と仕組み

    B!ブックマーク Twitter Facebook LINE
    心筋梗塞でも入れる
    おすすめの緩和型医療保険

    万が一心筋梗塞が再発してしまった場合、元気に過ごした場合、どちらも保障できる緩和型医療保険はこちら!(※1)

    フレキシィゴールドS
    月々の保険料
    5,956
    初年度支払い 入院日数
    無制限
    満額
    健康特典
    5年ごとに90歳まで何度でも(※2)
    50,000円給付
    ネオdeいりょう健康プロモート
    月々の保険料
    9,095
    初年度支払い 入院日数
    無制限
    満額 -
    健康特典
    最初の5年健康だと保険料(※3)
    約1,000円減
    メディカルKitラヴR
    月々の保険料
    7,271
    初年度支払い 入院日数
    無制限
    半額
    健康特典
    70歳まで健康だと(※4)
    掛け金返済

    ※1:先進医療保障のある緩和型医療保険のうち、健康だった場合の還付金がある商品を選定しています。保険料は年齢を50歳に設定し、先進医療の治療費保障と、心筋梗塞に対する入院日数を最長まで延ばした状態で条件をそろえ、各社WEBのシミュレーションで算出したものを比較しています。
    ※2:継続して10日以上の入院がなかった場合に給付該当します。
    ※3:契約日から5年後に1度判定があり、その時点で入院給付金の支払いが5日未満の場合、健康割引特則に該当します。
    ※4:返済時期は契約年齢によって異なり、契約年齢が50歳以下であれば70歳、51~55歳は75歳、55~60歳は80際が還付時期です。保険を未使用なら全額、入院給付金等受け取りがあった場合は払い込み金との差額が給付されます。