心筋梗塞の再発にそなえた現実的な予防と対策~考えよう、お金のこと~
心筋梗塞の再発にそなえた現実的な予防と対策~考えよう、お金のこと~
心筋梗塞の再発にそなえた現実的な予防と対策~考えよう、お金のこと~ » 心筋梗塞でも入れる!おすすめの緩和型医療保険を比較 » SBIいきいき少短の持病がある人の医療保険

SBIいきいき少短の持病がある人の医療保険

引受基準緩和型医療保険「SBIいきいき少短の持病がある人の医療保険」は、入院と手術、先進医療を保証してくれる医療保険です。保険期間は、1年間となり、満20歳以上84歳までの方にお申し込みいただくことができ、毎年、更新することで100歳まで保証継続可能。お申し込みは、84歳までOKなので、持病をお持ちの方でも年齢に関係なく入りやすい医療保険といえます。のちほど詳しくお伝えしますが、保証内容については「入院給付日額5,000円コース」と「入院給付金日額3,000円コース(80歳以上限定)」の2種類があります。

SBIいきいき少短の持病がある人の医療保険の口コミ評判

SBIいきいき少短の持病がある人の医療保険の保険料詳細

月々の保険料:3,980円

保険料シミュレーションの詳細

引用元HP:SBIいきいき少短|保険料かんたんお見積もり
https://www.i-sedai.com/product/estimate_k.html

SBIいきいき少短の持病がある人の医療保険に加入した31歳男性の料金目安です。

SBIいきいき少短の持病がある人の医療保険は、「最近3か月以内に医師による診察を受けた結果、入院、手術または検査を勧められたことがある。」、「過去1年以内に、病気やケガで入院したこと、または手術を受けたことがある。」、「過去5年以内に、がん(白血病、悪性リンパ腫、肉腫などを含む悪性新生物および上皮内新生物をいいます)と診断されたことがある。または、過去5年以内に、がんもしくは肝硬変で入院したこと、または手術を受けたことがある。」この3つの条件に該当しなければ、お申し込み頂ける引受基準緩和型医療保険になります 。

ご高齢になると加入できない医療保険が多い中で、84歳までお申し込み頂け、保証は100歳まで継続可能。さらに、保険期間が1年間なので、ライフプランに合わせて見直しができるのも選ばれている理由です。

SBIいきいき少短の持病がある人の医療保険の給付金(入院給付金日額:5,000円コース)

SBIいきいき少短の持病がある人の医療保険の給付金(入院給付金日額:3,000円コース・80歳以上限定)

たとえば、入院給付金額が5,000円コースの場合には、次のようなケースでお支払い可能。

  1. 保険加入から3ヶ月後に、加入前から治療を続けていた持病の椎間板ヘルニアが悪化してしまった。その後、医師から勧められて入院。
  2. 保険に加入し、1年後に持病の椎間板ヘルニアとは全く関係のない「乳がん」が見つかってしまい、先進医療を含む手術を受けた。

たとえば①の場合には、入院日額5,000円×入院日数×50%の入院給付金が支払われます。手術を受けた場合には、手術1回につき、5万円×50%の手術給付金が支払われます。

②の場合には、入院給付金はもちろんのこと、手術1回につき5万円の手術給付金に加えて、先進医療の技術料に応じた金額が支払われます。持病はもちろん、その他の病気やケガでの入院・手術・先進医療も対象です。

心筋梗塞や持病があっても入れる
おすすめの緩和型医療保険を10社比較

保険料

SBIいきいき少短の持病がある人の医療保険は、毎月リーズナブルな価格で保険に加入でき、充実の保証を受けられるほか、加入者限定の付帯サービスもあります。のちほど詳しくご紹介しますが、「24時間無料電話健康相談」・「セカンドオピニオン」・「人間ドック優待」・「こころのサポート」・「いきいき無料保険相談」・「サプリメント購入優待」などです。

年齢 男性 女性
25歳 3,780円 3,450円
35歳 4,140円 4,250円
45歳 5,860円 4,750円
55歳 9,860円 6,800円

SBIいきいき少短の持病がある人の医療保険は、持病をお持ちの方でも加入しやすく、毎月の費用も抑えられるとても便利な医療保険ですが、給付金をお支払いできない事例もあります。次の事例に該当しないかを予め確認しておきましょう。

お支払いできない場合の事例としては、責任開始日前に医師から入院を勧められていた椎間板ヘルニアで入院した場合や、責任開始日前に医師から手術をすすめられた脊柱管狭窄症の手術を受けた場合、皮膚良性腫瘍の手術や骨折したときに骨に埋め込んだ金具をしばらくしてから抜く手術をした場合、創傷処理、外傷を縫い合わせる手術をした場合、扁桃腺の手術などをした場合です。

そのほかにも、責任開始日前に生じた病気や不慮の事故を原因とする場合や、治療を目的としない入院をした場合、治療を目的としない手術をした場合、医学的な視点から入院の必要性が認められない場合などがありますので注意しましょう。

給付金(入金給付金日額5,000円コースの場合)

病気・ケガで入院 5,000円/1日
手術(入院中) 50,000円/回
手術(外来) 50,000円/回
先進医療 先進医療の技術料に応じた所定の金額を1保険期間(1年間)に100万円まで。責任開始日から6ヶ月以内は技術料に応じた所定の金額の50%

SBIいきいき少短の持病がある人の医療保険のおすすめ保障内容

小額の保険料にもかかわらずケガや病気で入院時は60日の長期入院まで日額5,000円支給

SBIいきいき少短の持病がある人の医療保険は、持病をお持ちの方でも大変加入しやすく、保険料も手頃なので、おすすめ。しかも、入院につき1日目〜60日の長期入院まで日額5,000円が保証されるのです。

入院の有無に関わらず約89種を手術給付金でカバーできる!

大変リーズナブルな保険料で充実の保証が受けられるSBIいきいき少短の持病がある人の医療保険ですが、手術に関しても同様です。日帰り手術を含む約89種類に該当する手術を受けた場合、手術1回につき、5万円が支払われます。(責任開始日から6ヶ月以内は、2万5,000円)保険料がリーズナブルですが、手術保証もしっかりしており万が一に対応できるのが嬉しいですね。

先進医療も所定の金額を1保険期間に100万円までカバー!

SBIいきいき少短の持病がある人の医療保険では、大変リーズナブルな保険料でありながら、厚生労働省指定の先進医療を受けた場合に、全コース共通で先進医療の技術料に応じた所定の金額を1保険期間(1年間)に100万円までカバーできます。(責任開始日から6ヶ月以内は技術料に応じた所定の金額の50%)

加入者限定の付帯サービスが充実

引受基準緩和型医療保険「SBIいきいき少短の持病がある人の医療保険」では、充実の保障内容に加えて、加入者の方が利用できる付帯サービスがついています。

付帯サービスの中には、「24時間無料の電話健康相談」で健康に関するお悩みを相談できたり、「セカンドオピニオン」サービスに関してもベストドクターズ・サービスを利用して、医師同士の相互評価で高い評価を得た日本国内の医師をご案内する制度が充実しています。

昨今では医療の進歩と共にさまざまな治療方法が確率されて、疾病に対する様々な治療方針が選択肢として医師から提案されます。しかし、中には治療を進める中で患者様自身が納得のいかない治療を継続しなければいけないこともあります。そのような場合に、どの患者様でも医師から十分な説明を受け、納得のいく治療を受けられるようにセカンドオピニオンが普及してきました。医療保険の付帯サービスの中で、セカンドオピニオンを受けられるのは大変ありがたいですよね。

このほかにも、人間ドッグ優待やこころのサポート、いきいき無料保険相談、サプリメント購入優待など非常に充実した付帯サービスを受けられます。付帯サービスの中で、どんなささいなことでも医療や健康にこまった場合には、専門家に相談できる仕組みがあることは頼もしいですね。

84歳まで申込可能で保障は100歳まで継続できる

引受基準緩和型医療保険「SBIいきいき少短の持病がある人の医療保険」は、持病のある方・ご高齢の方でも加入しやすい医療保険。お申し込みは、84歳までお申し込み可能で、医療保障については100歳まで継続できます。高齢になると加入できる医療保険が限られる中でも、このように84歳まで加入できるのは大変ありがたいですよね。しかも、保険期間は1年なので、生活に合わせて見直しやすいのも魅力的。

チェックしておきたい他の緩和型医療保険商品と仕組み

B!ブックマーク Twitter Facebook LINE
心筋梗塞でも入れる
おすすめの緩和型医療保険

万が一心筋梗塞が再発してしまった場合、元気に過ごした場合、どちらも保障できる緩和型医療保険はこちら!(※1)

フレキシィゴールドS
月々の保険料
5,956
初年度支払い 入院日数
無制限
満額
健康特典
5年ごとに90歳まで何度でも(※2)
50,000円給付
ネオdeいりょう健康プロモート
月々の保険料
9,095
初年度支払い 入院日数
無制限
満額 -
健康特典
最初の5年健康だと保険料(※3)
約1,000円減
メディカルKitラヴR
月々の保険料
7,271
初年度支払い 入院日数
無制限
半額
健康特典
70歳まで健康だと(※4)
掛け金返済

※1:先進医療保障のある緩和型医療保険のうち、健康だった場合の還付金がある商品を選定しています。保険料は年齢を50歳に設定し、先進医療の治療費保障と、心筋梗塞に対する入院日数を最長まで延ばした状態で条件をそろえ、各社WEBのシミュレーションで算出したものを比較しています。
※2:継続して10日以上の入院がなかった場合に給付該当します。
※3:契約日から5年後に1度判定があり、その時点で入院給付金の支払いが5日未満の場合、健康割引特則に該当します。
※4:返済時期は契約年齢によって異なり、契約年齢が50歳以下であれば70歳、51~55歳は75歳、55~60歳は80際が還付時期です。保険を未使用なら全額、入院給付金等受け取りがあった場合は払い込み金との差額が給付されます。