心筋梗塞の再発にそなえた現実的な予防と対策~考えよう、お金のこと~
心筋梗塞の再発にそなえた現実的な予防と対策~考えよう、お金のこと~
心筋梗塞の再発にそなえた現実的な予防と対策~考えよう、お金のこと~ » 心筋梗塞でも入れる!おすすめの緩和型医療保険を比較 » ネオdeいりょう健康プロモート

ネオdeいりょう健康プロモート

ネオファースト生命のネオdeいりょう健康プロモートの評判や保険料・保障内容を調べてまとめました。入院費用の前払いサービスや三大疾病に備えた特約が特徴です。加入する時に告知する事項を参考に保険を選ぶ参考にしてください。

ネオdeいりょう健康プロモートの口コミ評判

ネオdeいりょう健康プロモートの保険料詳細

月々の保険料:9,095円

保険料シミュレーションの詳細

引用元HP:ネオdeいりょう健康プロモート
http://neofirst.co.jp/sim_all/index_sp.html?hhksNenrei=50&hhksSeibetsu=1

5自由設計プランで、終身保障/入院給付金5,000円/三大疾病支払日数限度無制限特約/手術保障特約/先進医療特約/三大疾病一時金給付特約/特定疾病保険料払込免除特約を選択した50歳男性の場合の保険料です。

ネオdeいりょう健康プロモートの給付金

三大疾病一時給付特約はがん(上皮内新生物を含む)、心疾患、脳血管疾患により所定の事由に該当したとき、それぞれ1年に1回を限度に受け取ることが出来ます。

心筋梗塞や持病があっても入れる
おすすめの緩和型医療保険を10社比較

保険料

ネオdeいりょう健康プロモートには様々なプランが用意されています。そのため、ここでは日額5,000円の基本プラン(終身払い)について紹介するので、他のプランが知りたい方は公式サイトで確認してくださいね。また健康割引特則適応前の金額を記載しているので、条件を満たせば更に保険料がお得になります。

年齢 男性 女性
40歳 1,675円 1,595円
45歳 2,005円 1,905円
50 歳 2,420円 2,290円
55歳 2,940円 2,765円
60 歳 3,565円 3,355円

自由設計プランで、終身保障/入院給付金5,000円/三大疾病支払日数限度無制限特約/手術保障特約/先進医療特約/三大疾病一時金給付特約/特定疾病保険料払込免除特約を選択した場合の、30・40・50・60歳の各保険料は以下の通りです。

「ネオdeいりょう健康プロモート」は各社の平均保険料と比較すると一番高くなりました。ただ年代別に平均保険料と比較してみると、30歳の時に加入すると、平均よりも1,000円ほど安いことが分かりました。40歳になると平均とそれほど変わらない保険料でした。50歳や60歳になると平均よりも高くなってしまいます。

全体的に保険料が高いのは保障が手厚いことが考えられます。ガン・急性心筋梗塞・脳卒中と診断され所定の条件に満たした場合に、30万円の一時給付金を受け取ることが出来るだけでなく、それ以降の保険料が免除されます。万が一、心筋梗塞を含めた三大疾病になった場合に、治療費の保障だけでなくそれ以降の保険料を払わなくいいようにしたい方にとって、この保険は合っているかもしれません。

給付金

病気・ケガで入院 5000円/1日

ネオdeいりょう健康プロモートのおすすめ保障内容

入院費用の前払いサービス

入院することがあらかじめ決まっている場合に、所定の手続きを行うことで、入院一時金を前払いしてもらうことができるサービスです。入院時の初期費用などに充てることが可能になります。

三大疾病の支払い日数無制限

三大疾病支払日数限度無制限特約を付加した場合に、上皮内新生物を含むがん・心疾患・脳血管疾患による入院の場合、1回の入院と通算ともに入院給付金の支払日数が無制限になります。

特定先進医療キャッシュレスサービス

通常の手続きだと、高額費用を患者さまが一時負担をし、後日保険会社に請求することになります。しかし、このサービスを使うと「重粒子線治療」または「陽子線治療」の先進医療を受けられた場合に限って、患者さまの一時負担なく直接病院に給付金が支払われる仕組みです。

ネオdeいりょう健康プロモートの告知項目

ネオdeいりょう健康プロモートのインターネット申込の手順

お申し込みの流れ

インターネットからの申し込みにかかる所要時間は約15分です。保障設計、ご契約条件の確認、お客様情報の入力、告知事項の入力、入力内容の確認、お支払い情報の入力などの項目を入力したら契約の申し込みが完了します。

保障設計では、生年月日と性別を入力します。続いて、保法設計の、ライトプランかおすすめプランを選択。プラン内容のの調整が表示され、払い込み期間、払込方法の月々か年払かのどちらかを選択。

病気やケガで入院したとき、受け取りたい入院給付金日額となる3000円、5000円、1万円のプランを選びます。その他追加したい特約があればプランを追加します。続けて、お客様情報、告知事項を入力したら、入力内容全体の最終確認を行います。最終的にお支払い情報の入力まで進んで、入力を終えると申し込み手続きが完了となります。

記入内容の詳細

被保険者情報として、氏名、生年月日、性別、住所、電話番号、メールアドレス、職業、業種、仕事内容、勤務先、年収、病歴などの告知事項の入力が必要です。死亡時支払金受取人情報として、氏名、生年月日、性別、続柄、指定代理請求人情報として、氏名、生年月日、性別、続柄の入力をします。

支払い方法

保険料の支払方法はクレジットカード払いのみです。お申込者名義のクレジットカードを準備しておく必要があります。支払い情報についての入力がありますので、カード詳細情報を入力しましょう。

お申込みについての注意事項

申し込み可能な方として、日本国内に居住されている方、お申込み時点で20歳以上の方、契約者ご本人と被保険者が同一の方、米国市民(米国籍保有者)・米国移住者・米国法人・実質的支配者に米国人(法人を除く)がいる法人に該当しない方、お申込みされる契約者や受取人が暴力団関係者、その他反社会的勢力に該当しない方などが条件となります。どれか一つでも該当する方は、申し込み不可となりますのでご注意ください。

手順のまとめ

インターネットで申し込みする際には、事前に個人情報に関わる書類を準備した上で行いましょう。職業情報を入力する歳も、必要であれば勤務先の情報がわかるものを準備して同時進行で進めていきましょう。また、インターネットでの申し込みが終了しても、審査の時間があり、そこを通過して契約が無事に成立となるため、契約に関わる手続きは申し込み完了後の保険会社からの連絡を待つ必要があります。

【まとめ】ネオdeいりょう健康プロモート

支払日数が無制限で、一部の先進医療に関しては被保険者の一時負担も不要という、非常にカバー力の高い緩和型医療保険です。初年度から満額支払が可能となっている点と、健康特典として保険料の割引条件も設けられているのも大事なポイント。

唯一の懸念点は保険料が比較的高くなってしまっているところですが、備えが十分になるという点では非常に優れた保険商品だと言えそうです。

チェックしておきたい他の緩和型医療保険商品と仕組み

B!ブックマーク Twitter Facebook LINE
心筋梗塞でも入れる
おすすめの緩和型医療保険

万が一心筋梗塞が再発してしまった場合、元気に過ごした場合、どちらも保障できる緩和型医療保険はこちら!(※1)

フレキシィゴールドS
月々の保険料
5,956
初年度支払い 入院日数
無制限
満額
健康特典
5年ごとに90歳まで何度でも(※2)
50,000円給付
ネオdeいりょう健康プロモート
月々の保険料
9,095
初年度支払い 入院日数
無制限
満額 -
健康特典
最初の5年健康だと保険料(※3)
約1,000円減
メディカルKitラヴR
月々の保険料
7,271
初年度支払い 入院日数
無制限
半額
健康特典
70歳まで健康だと(※4)
掛け金返済

※1:先進医療保障のある緩和型医療保険のうち、健康だった場合の還付金がある商品を選定しています。保険料は年齢を50歳に設定し、先進医療の治療費保障と、心筋梗塞に対する入院日数を最長まで延ばした状態で条件をそろえ、各社WEBのシミュレーションで算出したものを比較しています。
※2:継続して10日以上の入院がなかった場合に給付該当します。
※3:契約日から5年後に1度判定があり、その時点で入院給付金の支払いが5日未満の場合、健康割引特則に該当します。
※4:返済時期は契約年齢によって異なり、契約年齢が50歳以下であれば70歳、51~55歳は75歳、55~60歳は80際が還付時期です。保険を未使用なら全額、入院給付金等受け取りがあった場合は払い込み金との差額が給付されます。