心筋梗塞の再発にそなえた現実的な予防と対策~考えよう、お金のこと~
心筋梗塞の再発にそなえた現実的な予防と対策~考えよう、お金のこと~
心筋梗塞の再発にそなえた現実的な予防と対策~考えよう、お金のこと~ » 心筋梗塞でも入れる!おすすめの緩和型医療保険を比較 » 緩和型医療保険の保険料

緩和型医療保険の保険料

緩和型医療保険の保険料はどうやって決まるのかご存知でしょうか?緩和型医療保険への加入を検討しているけれど、保険料がわからなくて不安だという方のために、保険料の仕組みと平均的な相場について解説します。

緩和型医療保険の保険料の仕組み

保険料の仕組み1:保障プラン

緩和型医療保険の保険料は、任意で選んだ保障プランによって変わります。保障プランは入院給付金の日額によって区別されていることが多く、例えば日額5,000円のプランであれば入院給付金が日額5,000円、日額10,000円のプランであれば給付金も日額10,000円です。入院給付金の給付金額が高くなるごとに、手術給付金の給付金額も高くなり手厚いサポートが受けられますが、保障内容が充実するほど保険料も高くなります。

保険料の仕組み2:年齢・性別

緩和型医療保険の保険料を決めるもう一つの要素が、年齢と性別です。若い人よりも高齢の人の方が疾病のリスクが高まるため、若い人のほうが保険料が安く、年齢を重ねるごとに高くなる傾向があります。性別は大きく影響しない要素ではありますが、緩和型医療保険の種類によっては、男性のほうが僅かに高くなることがあるでしょう。

緩和型医療保険の保険料の相場

緩和型医療保険の保険料の相場を、年齢別にまとめました。保険料の相場は、月払い保険料の金額としています。

年齢入院給付金日額保険料の相場
30歳5,000円2,500~3,500円
40歳3,000~4,500円
50歳4,000~5,500円
30歳10,000円5,000~6,500円
40歳6,000~7,500円
50歳7,500~9,000円

緩和型医療保険を保険料から選びたいと考えている方は、上の表を参考に各保険を比較しながら選んでください。

緩和型医療保険は他の医療保険よりも高額

緩和型医療保険の保険料は、他の医療保険よりも割高に設定されていることが多くなっています。その理由は、過去に心筋梗塞で入院や手術をした人でも加入することができるため。病気になるリスクが高い人でも加入できることから、保険料は高くなります。

緩和型医療保険における「掛け捨て」と「貯蓄型」の違いは?

緩和型医療保険には「掛け捨て型」と「貯蓄型(積立型)」の2種類がありますが、保険料は掛け捨て型のほうが安価です。貯蓄型で医療保険を利用しなかった場合、所定の年齢になったときに給付金が受け取れます。しかし掛け捨て型は保険を1回も利用しなかったとしても、保険料が返ってくることはありません。貯蓄型は心筋梗塞で入院や手術をしなかった場合でも給付金が受け取れるメリットがありますが、保険料が掛け捨て型の倍額近くになることもあります。

B!ブックマーク Twitter Facebook LINE
心筋梗塞でも入れる
おすすめの緩和型医療保険

万が一心筋梗塞が再発してしまった場合、元気に過ごした場合、どちらも保障できる緩和型医療保険はこちら!(※1)

フレキシィゴールドS
月々の保険料
5,956
初年度支払い 入院日数
無制限
満額
健康特典
5年ごとに90歳まで何度でも(※2)
50,000円給付
ネオdeいりょう健康プロモート
月々の保険料
9,095
初年度支払い 入院日数
無制限
満額 -
健康特典
最初の5年健康だと保険料(※3)
約1,000円減
メディカルKitラヴR
月々の保険料
7,271
初年度支払い 入院日数
無制限
半額
健康特典
70歳まで健康だと(※4)
掛け金返済

※1:先進医療保障のある緩和型医療保険のうち、健康だった場合の還付金がある商品を選定しています。保険料は年齢を50歳に設定し、先進医療の治療費保障と、心筋梗塞に対する入院日数を最長まで延ばした状態で条件をそろえ、各社WEBのシミュレーションで算出したものを比較しています。
※2:継続して10日以上の入院がなかった場合に給付該当します。
※3:契約日から5年後に1度判定があり、その時点で入院給付金の支払いが5日未満の場合、健康割引特則に該当します。
※4:返済時期は契約年齢によって異なり、契約年齢が50歳以下であれば70歳、51~55歳は75歳、55~60歳は80際が還付時期です。保険を未使用なら全額、入院給付金等受け取りがあった場合は払い込み金との差額が給付されます。