心筋梗塞の再発にそなえた現実的な予防と対策~考えよう、お金のこと~
心筋梗塞の再発にそなえた現実的な予防と対策~考えよう、お金のこと~
心筋梗塞の再発にそなえた現実的な予防と対策~考えよう、お金のこと~ » 心筋梗塞でも入れる!おすすめの緩和型医療保険を比較 » 緩和型医療保険の給付金について

緩和型医療保険の給付金について

緩和型医療保険を選ぶときに確認しておきたいところは、受け取れる給付金の種類と受取時の条件です。そこで緩和型医療保険ではどのような給付金の種類があるのか、受け取れる条件とともに解説していきます。

緩和型医療保険でもらえる給付金の種類

入院給付金

入院給付金とは、病気や怪我で入院しなければならなくなったときに、入院した日数分の給付金が受け取れるというものです。日帰りの入院や短期間の入院でも給付されるので、利用するシーンは多いでしょう。

手術給付金

手術給付金とは、所定の手術を受けたときに受け取れる給付金のこと。公的医療保険制度給付対象の手術はもちろん、がんの放射線治療や先進医療、骨髄移植、骨髄幹細胞採取術にも対応しています。

先進医療給付金

先進医療給付金とは、先進医療を受けるために必要となる技術料と同額の給付金が受け取れるというもの。先進医療一時金が受け取れる緩和型医療保険もあり、その場合は先進医療給付金にさらに加算可能。治療を受けるときに必要となる交通費や宿泊費などもまかなえます。

給付金を受け取る条件

入院給付金

入院給付金を受け取るための条件は、心筋梗塞などの病気や怪我で入院をすることです。緩和型医療保険によって1回の入院につき日数の制限がありますが、複数回の入院であれば、通算支払限度日数を超えない限り都度給付されます。ただし複数回の入院であっても、入院の原因となる病気や怪我が同じものである場合は1回の入院とみなされるケースもあります。

手術給付金

手術給付金を受け取るためには、緩和型医療保険の約款に記載されている手術を受けることが条件です。給付対象となる手術は緩和型医療保険の種類によって異なります。もし同じ日に2つ以上の手術を受けた場合は、給付金額がより高い手術1回のみへの適用となることに注意しましょう。

先進医療給付金

先進医療給付金を受け取るための条件は、公的医療保険制度給付対象とならず、厚生労働大臣が定める先進医療による治療を受けることです。ただし先進医療を受ければ必ず給付されるわけではなく、疾患の種類や治療内容、治療を受ける施設によっては給付されないケースもあります。

先進医療で緩和型医療保険の給付金を受けるときは、厚生労働大臣によって定められた基準に適合する施設で受けましょう。対象となる医療機関は厚生労働省のホームページから確認できます。

B!ブックマーク Twitter Facebook LINE
心筋梗塞でも入れる
おすすめの緩和型医療保険

万が一心筋梗塞が再発してしまった場合、元気に過ごした場合、どちらも保障できる緩和型医療保険はこちら!(※1)

フレキシィゴールドS
月々の保険料
5,956
初年度支払い 入院日数
無制限
満額
健康特典
5年ごとに90歳まで何度でも(※2)
50,000円給付
ネオdeいりょう健康プロモート
月々の保険料
9,095
初年度支払い 入院日数
無制限
満額 -
健康特典
最初の5年健康だと保険料(※3)
約1,000円減
メディカルKitラヴR
月々の保険料
7,271
初年度支払い 入院日数
無制限
半額
健康特典
70歳まで健康だと(※4)
掛け金返済

※1:先進医療保障のある緩和型医療保険のうち、健康だった場合の還付金がある商品を選定しています。保険料は年齢を50歳に設定し、先進医療の治療費保障と、心筋梗塞に対する入院日数を最長まで延ばした状態で条件をそろえ、各社WEBのシミュレーションで算出したものを比較しています。
※2:継続して10日以上の入院がなかった場合に給付該当します。
※3:契約日から5年後に1度判定があり、その時点で入院給付金の支払いが5日未満の場合、健康割引特則に該当します。
※4:返済時期は契約年齢によって異なり、契約年齢が50歳以下であれば70歳、51~55歳は75歳、55~60歳は80際が還付時期です。保険を未使用なら全額、入院給付金等受け取りがあった場合は払い込み金との差額が給付されます。