心筋梗塞の再発にそなえた現実的な予防と対策~考えよう、お金のこと~
心筋梗塞の再発にそなえた現実的な予防と対策~考えよう、お金のこと~
心筋梗塞の再発にそなえた現実的な予防と対策~考えよう、お金のこと~ » 心筋梗塞でも入れる!おすすめの緩和型医療保険を比較 » アクサダイレクトのはいりやすい医療

アクサダイレクトのはいりやすい医療

アクサダイレクト生命の「アクサダイレクトのはいりやすい医療」の評判や保険料・保障内容を調べてまとめました。加入前の基本的な質問事項もたった3つほどで「最安プラン」・「安心プラン」・「女性プラン」まで加入者に合わせた柔軟なプラン設計が可能。加入する時に告知する事項を参考に保険を選ぶ参考にしてください。

アクサダイレクトのはいりやすい医療の口コミ評判

アクサダイレクトのはいりやすい医療の保険料詳細

月々の保険料:5,539円

保険料シミュレーションの詳細

引用元HP:保険市場|アクサダイレクトのはいりやすい医療
https://www.hokende.com/life-insurance/medical/usr_medical/item-sa14/3

アクサダイレクトのはいりやすい医療に加入した35歳男性の料金目安です。

3つの加入条件に該当しなければ、糖尿病・高血圧・うつ病などの持病を持っている方でもお申し込み頂けるのが嬉しいですね。また、他社の緩和型医療保険にありがちな支払削減期間がないため、ご加入1年目から給付金が全額支払われます。

アクサダイレクトのはいりやすい医療の給付金

そのほか、3大疾病によって入院した場合には、3大疾病保険料払込免除特約(緩和型)に加入することで、その場の保険料の払込みが免除されます。さらに、入院日数が61日に達したときには長期入院時一時金給付特約(緩和型)加入にて、疾病・災害長期入院時一時金が支払われます。支払額は、1回につき50万円です。病気やケガで入院した場合には、入院時一時金給付特約(緩和型)にて疾病・災害入院時一時金が支払われます。支払額は、1回につき5万円となり、1年間に2回の入院まで対応可能。

病気・ケガで入院し退院した場合には、通院支援特約(退院時給付型)(緩和型)にて生存退院時に一時金が支払われます。アクサダイレクトのはいりやすい医療は、女性特有の疾病に関しても手厚い保障が用意されています。たとえば、がんや女性特有の病気で入院したときには、女性疾病入院特約(緩和型)にて女性疾病入院給付金が支払われます。支払額は、入院給付金と同額です。

心筋梗塞や持病があっても入れる
おすすめの緩和型医療保険を10社比較

保険料

アクサダイレクトのはいりやすい医療には様々なプランが用意されています。そのため、ここでは入院時にかかる諸費用への備えや、退院後に通院が必要となった場合にかかる費用への備えなど、保障内容が充実している「安心プラン」について紹介するので、他のプランが知りたい方は公式サイトで確認してくださいね。

年齢 男性 女性
25歳 4,514円 5,187円
35歳 5,539円 5,158円
45歳 7,185円 6,357円
55歳 9,309円 8,087円

次に、女性特有の病気に罹患してしまった場合に手厚い保障が受けられる「女性疾病入院特約」を基本保障に上乗せした場合の保険料についてご紹介します。

アクサダイレクトのはいりやすい医療は、基本保障のほかにもさまざまな特約が用意されているだけでなく、そのほかに「無料付帯サービス」が用意されています。具体的には、現在の診断に対する見解や今後の治療等を相談したいときには、日本の名医(総合相談医)が無料でセカンドオピニオンしてくれるサービスも。また、必要に応じて優秀専門臨床医の紹介なども受けられます。

そのほかの無料付帯サービスとしては、医師・看護師などに健康相談をしたいときに、いつでも相談ができる付帯サービスもあり医師や看護師だけでなく、育児相談や医療機関への案内も可能です。アクサダイレクト生命がお支払いまでにかかった平均日数は、2.27日と非常に迅速なのが特徴です。

給付金

病気・ケガで入院 3,000円〜10,000円/1日
手術(入院中) 30,000円〜100,000円
手術(外来) 15,000円〜50,000円
先進医療 先進医療にかかる技術料の実費(通算2,000万円まで)

アクサダイレクトのはいりやすい医療のおすすめ保障内容

病気やケガによる入院時には長期入院時一時金給付特約も付加できる

病気やケガによる入院時には、疾病・災害入院給付金が支払われます。支払額は、これまでもご紹介した通り1日につき、3,000円〜10,000円です。これらの保障は、入院60日まで通算ですと1,095日まで支払対象となります。しかし、思いもよらず入院日数が長引いてしまったときは、特約にて長期入院時一時金給付特約(緩和型)が付加できます。これにより、入院日数が61日に到達したときに50万円が給付されるのです。

入院の有無に関わらず約1,000種を手術給付金でカバーできる!

アクサダイレクトのはいりやすい医療では、入院の有無に関わらず、責任開始期より1年間支払対象外となる痔瘻や痔核、脱肛手術などの手術、保険期間を通じて支払い対象外となる創傷処理等の手術以外の約1,000種の手術が給付の対象です。多くの手術が公的医療保険制度の給付対象となることで加入者の満足度も高いです。

先進医療も通算2,000万円までカバー

公的医療保険制度の給付対象とならないので自己負担額が高額になりがちな先進医療に対しても、技術料の実費を通算2,000万円まで保障でカバーできます。また、先進医療給付金に加えて、先進医療一時金についても1回につき10万円(60日間に1回)保障の対象に。

優秀専門臨床医の紹介など無料付帯が充実している

アクサダイレクトのはいりやすい医療では、日本の名医(総合相談医)のセカンドオピニオンや優秀専門臨床医のご紹介など無料付帯で充実の保証を受けることも可能です。日々医療が進歩している昨今ですが、それに伴い疾病に対する治療法が多様化しております。治療法が多様化する中で、医療機関や医師によっては治療方針が大きく異なることもありますよね。

ときには、患者様本人が納得がいかない治療方針を提示されることもあります。そのような場合に、無料付帯されるセカンドオピニオンが使用できるのは大変ありがたいことです。

また、日本における優秀専門臨床医を紹介する仕組みもあるため、どのような治療方針が良いのかお悩みの方にも非常に頼もしいですね。こちらの無料付帯を利用した方の中には、セカンドオピニオンを利用する前には、大腸切除および人工肛門造設術を受ける予定があった方も、セカンドオピニオンを利用後は予定していた手術は必要なくなり、年1回の経過観察で済んでいるそうです。

このように、セカンドオピニオンをするだけでも、当初予定していた治療方針から納得のいく治療方針へ転換できる場合もあります。

医師や看護師に24時間365日電話で相談できる

無料付帯の中には、医師や看護師に24時間365日電話で相談できる非常にありがたいサービスも付いています。たとえば、育児の相談や医療機関の案内にも対応しています。

また、被保険者だけでなくその同居家族が利用できるのも魅力的です。ご利用の多い相談としては、「夜中に子どもが熱が出してしまったけど対処法がわからない」、「夜間・休日に突然子どもの調子が悪くなり、どの病院に相談して良いかわからない」「仕事で怪我をしてしまって、どのような応急処置をすれば良いかわからない」「精神的に辛いので、どこかに相談したい」など相談内容は多岐にわたります。

このように、いつでも困ったときに専門家に相談できる仕組みがあることが素晴らしいですね。

アクサダイレクトのはいりやすい医療の告知項目

アクサダイレクトのはいりやすい医療を提供するアクサダイレクト生命のその他の保険商品

オリックス生命は緩和型医療保険だけでなく、さまざまな保険を取り扱っています。ここではその一部を紹介いたします。

チェックしておきたい他の緩和型医療保険商品と仕組み

B!ブックマーク Twitter Facebook LINE
心筋梗塞でも入れる
おすすめの緩和型医療保険

万が一心筋梗塞が再発してしまった場合、元気に過ごした場合、どちらも保障できる緩和型医療保険はこちら!(※1)

フレキシィゴールドS
月々の保険料
5,956
初年度支払い 入院日数
無制限
満額
健康特典
5年ごとに90歳まで何度でも(※2)
50,000円給付
ネオdeいりょう健康プロモート
月々の保険料
9,095
初年度支払い 入院日数
無制限
満額 -
健康特典
最初の5年健康だと保険料(※3)
約1,000円減
メディカルKitラヴR
月々の保険料
7,271
初年度支払い 入院日数
無制限
半額
健康特典
70歳まで健康だと(※4)
掛け金返済

※1:先進医療保障のある緩和型医療保険のうち、健康だった場合の還付金がある商品を選定しています。保険料は年齢を50歳に設定し、先進医療の治療費保障と、心筋梗塞に対する入院日数を最長まで延ばした状態で条件をそろえ、各社WEBのシミュレーションで算出したものを比較しています。
※2:継続して10日以上の入院がなかった場合に給付該当します。
※3:契約日から5年後に1度判定があり、その時点で入院給付金の支払いが5日未満の場合、健康割引特則に該当します。
※4:返済時期は契約年齢によって異なり、契約年齢が50歳以下であれば70歳、51~55歳は75歳、55~60歳は80際が還付時期です。保険を未使用なら全額、入院給付金等受け取りがあった場合は払い込み金との差額が給付されます。