心筋梗塞の再発にそなえた現実的な予防と対策~考えよう、お金のこと~
心筋梗塞の再発にそなえた現実的な予防と対策~考えよう、お金のこと~
心筋梗塞の再発にそなえた現実的な予防と対策~考えよう、お金のこと~ » お金があれば名医に頼れる!?心筋梗塞再発時に手術を依頼したい病院リスト » 山形のおすすめの病院

山形のおすすめの病院

山形県の病院を急性心筋梗塞患者数でランキング

ここでは、山形県内で急性心筋梗塞の治療実績が豊富な病院をご紹介しています。全国の病院の客観的データを公表している「病院情報局ナビ」を参照に、当編集部がランキング形式でまとめました。ランキングデータの基となっている数字は、「心筋梗塞で搬入され、急性期治療を経て退院した患者の数」。各病院、厚生労働省に報告済みの数字になるので、信頼性は高いでしょう。なお、以下のデータは平成29年度(4月~翌年3月)の情報を基準としています。

山形県の急性心筋梗塞退院患者数トップ10

順位 病院名 市区町村 退院患者数
1 山形県立中央病院 山形市 689
2 日本海総合病院 酒田市 595
3 公立置賜総合病院 東置賜郡川西町 507
4 山形大学医学部附属病院 山形市 461
5 鶴岡協立病院 鶴岡市 237
6 庄内余目病院 東田川郡庄内町 219
7 山形市立病院済生館 山形市 179
8 山形県立新庄病院 新庄市 170
9 北村山公立病院 東根市 149
10 三友堂病院 米沢市 143

第一位から第十位まで目を通すと、山形県では、病院の地域的な分布が比較的良好であることが分かります。人口の多い山形市には3院がランキングしている一方で、酒田市や鶴岡市、新庄市、米沢市など、県内の主要なエリアにはきちんと実績ある病院が分布しています。他県に比べ、病院ごとの実績に極端な差が見られない点も特徴的。

山形県の心筋梗塞患者数によるランキングトップ3の病院

山形県立中央病院

山形県立中央病院の医師:阿部 和男

山形県立中央病院心臓血管外科・循環器病センター長。後天性心疾患(弁膜症、虚血性心疾患)、大動脈疾患(大動脈解離、他)、末梢血管疾患、下肢静脈瘤などを専門にしているドクターです。日本海総合病院での執刀経験もある全国的に著名な心臓血管外科医。

山形県立中央病院の基本情報

日本海総合病院

日本海総合病院の医師:島貫 隆夫

日本海総合病院病院長。山形大学医学部を卒業後、米国・南カリフォルニア大学留学、山形大学医学部第二外科助手を経て、1993年より日本海総合病院に入職。同院にて心臓血管外科を専門に診療を続け、2016年より病院長に就任し現在にいたります。地域医療に対して多くの提言を行っているドクター。

日本海総合病院の基本情報

公立置賜総合病院

公立置賜総合病院の医師:安孫子 正美

公立置賜総合病院診療部長・医療安全部副部長・呼吸器外科科長・臨床工学室室長。平成2年に山形大学医学部を卒業後、呼吸器外科を中心とした胸部外科分野を専門に診療。同科で医長を務める心臓血管外科医・神部良太医師とともに、チームを組んで診療にあたっています。

公立置賜総合病院の基本情報

B!ブックマーク Twitter Facebook LINE
icon
あなたはその時、払えますか?
心筋梗塞の医療費シミュレーション

自己負担額は、医療保険の加入有無、高額療養費制度の利用によって変わります。先進医療の医療費300万円を含む、治療費総額500万円の場合で自己負担額を算出してみました。

360万

医療保険に入っていない場合、公的医療保険によって自己負担額は3割となります。ただし先進医療は対象外のため、自己負担額は高額に。

309万7,430

高額療養費制度を利用すると、自己負担限度額を超えた医療費が払い戻されます。ただし公的医療保険が適用外の治療は除外されるため、先進医療の治療費は丸ごと自己負担に。

9万7,430

先進医療を保障する医療保険の大半は、先進医療の技術料と同額の給付金を受け取れます。高額療養費制度と併用すれば、さらに自己負担額は軽減。