心筋梗塞の再発にそなえた現実的な予防と対策~考えよう、お金のこと~
心筋梗塞の再発にそなえた現実的な予防と対策~考えよう、お金のこと~
心筋梗塞の再発にそなえた現実的な予防と対策~考えよう、お金のこと~ » お金があれば名医に頼れる!?心筋梗塞再発時に手術を依頼したい病院リスト » 東京のおすすめ病院 » 榊原記念病院

榊原記念病院

心筋梗塞が再発して手術が必要となった際に頼りたい、榊原病院。24時間心臓血管外科の専門医(三学会構成心臓血管外科専門医認定機構)が常駐しており、症例数が多いだけでなく患者の負担を重視した手術に定評があります。

榊原記念病院の口コミ評判

東京で心筋梗塞におすすめの病院リスト

榊原記念病院の専門医

下川 智樹

成人対象の心臓外科医として、冠動脈や弁膜症、心筋症などのあらゆる分野の手術を行っています。特に心筋梗塞の際の冠動脈バイバス手術や僧帽弁形成術、大動脈種々などが得意です。これまでに手術支援ロボットを活用した手術経験もあり、心臓疾患全般にわたる専門的で高度な知識、技術があります。

榊原記念病院のセカンドオピニオンについて

他院からの診療情報提供書、検査資料をもとに、参考意見を伝える「セカンドオピニオン外来」を設置。病院内医療連携室に電話相談ののちに病院から必要書類を送付し、書類による申込によってセカンドオピニオンが可能かどうかを判断します。可能な場合は担当医が1単位(60分)30,000円(税別)で対応。文書の実の場合は200円、資料が必要な場合は2,000円が別途必要となります。

榊原記念病院の治療費・入院費用

榊原記念病院の心筋梗塞の手術と検査について

心筋梗塞への対応

心左右の内胸動脈と大伏在静脈などを用いて、悪い血管を全て治療するための完全血行再建を行っています。心筋梗塞では、心室中隔穿孔、左心破裂などの合併症がみられることがありますが、その際の緊急対応も可能です。

冠動脈バイパス手術について

年間800件の開心術を実施しており、心臓外科医だけでなく、内科、麻酔科、看護師、臨床工学技士などのチームによる緊急要請にも対応が可能です(2019年HP情報)。冠動脈バイパス手術では、吻合のクオリティを損なわずに、脳合併症や腎機能への侵襲が少ないオフポンプ手術を基本としています。完全に閉塞している状態であっても、長い吻合口を作成が可能なlong-only patch法、新たな血管内腔を作成するEndarterectomy法によって確実に虚血解除が可能です。

患者の負担を考慮した手術について

心臓の手術においては、大開胸手術のほか、小開胸手術や部分開胸手術などを行っています。病態や患者のニーズに合わせてできるだけキズが小さく体や心に負担がかからないような手術が可能です。3D内視鏡を用いた低侵襲心臓手術にも積極的に取り組んでおり、患者のADL向上に努めています。術後の管理やリハビリについても、様々なジャンルのエキスパートがチーム一丸となったサポートが自慢です。

榊原記念病院の基本情報

B!ブックマーク Twitter Facebook LINE
icon
あなたはその時、払えますか?
心筋梗塞の医療費シミュレーション

自己負担額は、医療保険の加入有無、高額療養費制度の利用によって変わります。先進医療の医療費300万円を含む、治療費総額500万円の場合で自己負担額を算出してみました。

360万

医療保険に入っていない場合、公的医療保険によって自己負担額は3割となります。ただし先進医療は対象外のため、自己負担額は高額に。

309万7,430

高額療養費制度を利用すると、自己負担限度額を超えた医療費が払い戻されます。ただし公的医療保険が適用外の治療は除外されるため、先進医療の治療費は丸ごと自己負担に。

9万7,430

先進医療を保障する医療保険の大半は、先進医療の技術料と同額の給付金を受け取れます。高額療養費制度と併用すれば、さらに自己負担額は軽減。