心筋梗塞の再発にそなえた現実的な予防と対策~考えよう、お金のこと~
心筋梗塞の再発にそなえた現実的な予防と対策~考えよう、お金のこと~
心筋梗塞の再発にそなえた現実的な予防と対策~考えよう、お金のこと~ » お金があれば名医に頼れる!?心筋梗塞再発時に手術を依頼したい病院リスト » 滋賀のおすすめ病院

滋賀のおすすめ病院

滋賀県の病院を急性心筋梗塞患者数でランキング

急性心筋梗塞の患者に関する情報から滋賀県にある病院のランキングを作成。データは、全国の病院の診療実績を比較することができる「病院情報局ナビ」の情報がもとになっています。病院情報局ナビでは疾患別に退院患者数や平均在院日数などを基準に、全国にある急性期病院の診療実績を客観的に比較可能です。

厚生労働省に報告されたデータを使用し信頼できる診療実績の集計に基づいているので、入院治療に限定した正確性の高い情報です。今回は平成29年度に急性心筋梗塞で処置・治療を受けて退院した患者数でランキングしています。

滋賀県の急性心筋梗塞退院患者数トップ10

順位 病院名 市区町村 退院患者数
1 近江八幡市立総合医療センター 近江八幡市 911
2 市立長浜病院 長浜市 685
3 医療法人社団昇会 湖東記念病院 東近江市 630
4 社会福祉法人恩賜財団 済生会滋賀県病院 栗東市 482
5 彦根市立病院 彦根市 428
6 滋賀県立総合病院 守山市 419
7 市立大津市民病院 大津市 414
8 社会医療法人 誠光会 草津総合病院 草津市 381
9 大津赤十字病院 大津市 360
10 滋賀医科大学医学部付属病院 大津市 360

ランキングをみると滋賀県の心筋梗塞患者の場合、主要都市だけに集中しているのではなく、地方の病院も多く点在しています。それはアクセスの良さだけで病院を決めるのではなく、トータル的に評価しているからでしょう。

もちろん退院患者数だけで、どんな病院かを判断することはできません。しかし急性心筋梗塞の場合には、適切な処置を、いかに早く行うかによって、大きく治療結果に影響を及ぼすと言われています。

そのため退院患者数が多いということは、患者が集中しているからではないでしょうか。病院を選ぶ基準のひとつとして、退院患者数を確認するのも有効です。ランキングを参考に自分に合った病院を探してくださいね。

滋賀県の心筋梗塞患者数によるランキングトップ3の病院

近江八幡市立総合医療センター

近江八幡市立総合医療センターの医師:松林 景二

心臓血管外科の部長である松林医師は、「高水準、安心と信頼の心臓手術」をモットー に掲げています。一人一人の症状に合わせて的確な治療が行えるように心がけてくれているでしょう。

近江八幡市立総合医療センターの基本情報

近江八幡市立総合医療センターのアクセス情報

官庁街を進み、市役所を通り過ぎます。桐原東小学校の向かいが病院になります。

市立長浜病院

市立長浜病院の医師:植山 浩二

責任部長の役職の植山医師は、手術の安全性を第一に考え、精神的にも身体的にも負担の少ない治療を検討し提案してくれます。積極的に早期離床や社会復帰を目指してくれている医師です。心臓血管外科では24時間体制を整えており、緊急時にも対応ができるようになっています。

市立長浜病院の基本情報

市立長浜病院のアクセス情報

国道8号「大戌亥町」交差点を右折し、約50M先を左折すると病院が見えてきます。

医療法人社団昴会 湖東記念病院

医療法人社団昴会 湖東記念病院の医師:榎本 匡秀

平成26年4月に開設した新しい診療科です。植松医師は医長として、心臓血管外科をまとめる役割を担っています。さらに循環器内科の医師や看護師、理学療法士などのスタッフとハートチームを形成し、サポートできる治療を心掛けています。

医療法人社団昴会 湖東記念病院の基本情報

医療法人社団昴会 湖東記念病院のアクセス情報

名神高速道路「湖東三山スマートインター(ETC専用)」を降りて、国道307号線の「中里」の信号を右折します。右手に病院が見えてきます。

B!ブックマーク Twitter Facebook LINE
icon
あなたはその時、払えますか?
心筋梗塞の医療費シミュレーション

自己負担額は、医療保険の加入有無、高額療養費制度の利用によって変わります。先進医療の医療費300万円を含む、治療費総額500万円の場合で自己負担額を算出してみました。

360万

医療保険に入っていない場合、公的医療保険によって自己負担額は3割となります。ただし先進医療は対象外のため、自己負担額は高額に。

309万7,430

高額療養費制度を利用すると、自己負担限度額を超えた医療費が払い戻されます。ただし公的医療保険が適用外の治療は除外されるため、先進医療の治療費は丸ごと自己負担に。

9万7,430

先進医療を保障する医療保険の大半は、先進医療の技術料と同額の給付金を受け取れます。高額療養費制度と併用すれば、さらに自己負担額は軽減。