心筋梗塞の再発にそなえた現実的な予防と対策~考えよう、お金のこと~
心筋梗塞の再発にそなえた現実的な予防と対策~考えよう、お金のこと~
心筋梗塞の再発にそなえた現実的な予防と対策~考えよう、お金のこと~ » お金があれば名医に頼れる!?心筋梗塞再発時に手術を依頼したい病院リスト » 札幌のおすすめ病院 » 札幌心臓血管クリニック

札幌心臓血管クリニック

心筋梗塞が再発した際に、検査や手術を任せられる札幌心臓血管クリニックを紹介します。心臓血管外科の経験を積んだ医師が揃っており、カテーテル検査をしなくても冠動脈の狭窄や閉塞を発見できる医療機器も導入しています。

札幌心臓血管クリニックの口コミ評判

札幌で心筋梗塞におすすめの病院リスト

札幌心臓血管クリニックの専門医

藤田 勉

カテーテル治療の経験を積んだのち、専門性の高い病院づくりを目指して平成20年に札幌心臓血管クリニックを開業。開業後も国内外の学会や講演など精力的に活動。北海道の医療貢献を志している。

札幌心臓血管クリニックのセカンドオピニオンについて

札幌心臓血管クリニックでは、診断や治療方針について担当医以外の医師の意見を聞くためのセカンドオピニオンに対応しています。オンラインによる予約制となっており、遠方に居住していて来院が困難な場合でもスマホやパソコンを使用してオンラインセカンドオピニオンが可能です。基本診察料を含む料金は最長60分で10,800円となっています。医療機関からの紹介状や画像データ、検査結果などを事前に郵送することによって、より具体的な相談が可能です。

札幌心臓血管クリニックの治療費・入院費用

札幌心臓血管クリニックの心筋梗塞の手術と検査について

心臓血管CTによる検査について

北海道初の256列心臓血管CTの導入により、カテーテル検査を行わなくても冠動脈のスクリーン検査が可能です。簡単に冠動脈狭窄や末梢血管の狭窄を発見できるため、早期発見にもつながります。撮影当日に所見を受けることも可能です。また、ハイブリッド手術室を備えているため、カテーテルと合わせた心臓血管疾患のハイブリッド手術をすることもできます。

大動脈ステントグラフトについて

胸部や腹部を開かずに人工血管を装着することが可能です。人工血管を縫い付けるのではなく、血管内にカテーテルを挿入して人工血管を装着できるので、切開部を小さくし身体への負担を軽減できます。

ロータブレーターとエキシマレーザーの導入について

ロータブレーターを導入することによって、バルーンでは拡張できないケースでも、血管を拡張することが可能です。冠動脈の中が硬いもので詰まっている際にも、血管を傷つけずに削ることができます。エキシマレーザーは、冠動脈の狭窄や閉塞時に、詰まりを蒸散させて取り除くことが可能となる医療機器。カテーテルの先端から照射するレーザーによって詰まりを取り除くことができます。

札幌心臓血管クリニックの基本情報

B!ブックマーク Twitter Facebook LINE
icon
あなたはその時、払えますか?
心筋梗塞の医療費シミュレーション

自己負担額は、医療保険の加入有無、高額療養費制度の利用によって変わります。先進医療の医療費300万円を含む、治療費総額500万円の場合で自己負担額を算出してみました。

360万

医療保険に入っていない場合、公的医療保険によって自己負担額は3割となります。ただし先進医療は対象外のため、自己負担額は高額に。

309万7,430

高額療養費制度を利用すると、自己負担限度額を超えた医療費が払い戻されます。ただし公的医療保険が適用外の治療は除外されるため、先進医療の治療費は丸ごと自己負担に。

9万7,430

先進医療を保障する医療保険の大半は、先進医療の技術料と同額の給付金を受け取れます。高額療養費制度と併用すれば、さらに自己負担額は軽減。