心筋梗塞の再発にそなえた現実的な予防と対策~考えよう、お金のこと~
心筋梗塞の再発にそなえた現実的な予防と対策~考えよう、お金のこと~
心筋梗塞の再発にそなえた現実的な予防と対策~考えよう、お金のこと~ » お金があれば名医に頼れる!?心筋梗塞再発時に手術を依頼したい病院リスト » 埼玉のおすすめ病院

埼玉のおすすめ病院

埼玉県の病院を急性心筋梗塞患者数でランキング

急性心筋梗塞の治療を受け、かつ退院した方々の人数を基準に、埼玉県内における病院のランキングを作成しました。人数データの情報源は、全国の病院の診療実績を掲載している「病院情報局ナビ」になります。厚生労働省に報告済みの客観的なデータが掲載されているサイトなので、信頼ある数字と考えて良いでしょう。なお以下のランキングは、平成29年度(4月~翌年3月)のデータを基準にして作成しています。

埼玉県の急性心筋梗塞退院患者数トップ10

順位 病院名 市区町村 退院患者数
1 自治医科大学附属さいたま医療センター さいたま市大宮区 1,384
2 埼玉県立循環器・呼吸器病センター 熊谷市 1,061
3 埼玉石心会病院 狭山市 1,017
4 埼玉医科大学国際医療センター 日高市 961
5 新久喜総合病院 久喜市 896
6 深谷赤十字病院 深谷市 774
7 草加市立病院 草加市 748
8 上尾中央総合病院 上尾市 728
9 春日部中央総合病院 春日部市 700
10 戸田中央総合病院 戸田市 686

2位の埼玉県立循環器・呼吸器病センターに300名以上の差を付けて、自治医科大学附属さいたま医療センターの実績が県内第1位となっています。2位以下は僅差なので、年度によって順位は変化しそうです。実績は病院の規模によっても異なるため、一概に「実績が豊富な病院がいい病院」とは限りません。ただし実績が豊富なほど、過去に様々な症例に対応してきたことも事実です。病院選びの際のひとつの判断材料にはなるでしょう。

埼玉県の心筋梗塞患者数によるランキングトップ3の病院

自治医科大学附属さいたま医療センター

自治医科大学附属さいたま医療センターの医師:山口 敦司

心臓血管外科科長、臨床工学部部長、自治医大教授を兼務している山口医師。平成2年に同院に着任して以来、心臓血管を専門に約20年にわたって診療と後進の指導にあたってきたドクターです。

自治医科大学附属さいたま医療センターの基本情報

埼玉県立循環器・呼吸器病センター

埼玉県立循環器・呼吸器病センターの医師:織井 恒安

心臓外科に在籍する8名の医師を率いる同科の科長。心筋梗塞や狭心症を中心に、すべての成人心臓疾患を対象とし、日々、多くの患者と向き合っています。胸部大動脈瘤と腹部大動脈瘤に対するステントグラフト手術は、国内トップレベルの症例あり。

埼玉県立循環器・呼吸器病センターの基本情報

埼玉石心会病院

埼玉石心会病院の医師:加藤 泰之

埼玉石心会病院診療科長、および同院心臓血管外科部長を兼任。主に外来対応と手術を担当しています。得意とする手術は心拍動下冠動脈バイパス術、弁形成術、大血管手術。患者への手術のみならず、指導医として後進の指導にもあたるドクターです。1996年、大阪市立大学医学部卒業。

埼玉石心会病院の基本情報

B!ブックマーク Twitter Facebook LINE
icon
あなたはその時、払えますか?
心筋梗塞の医療費シミュレーション

自己負担額は、医療保険の加入有無、高額療養費制度の利用によって変わります。先進医療の医療費300万円を含む、治療費総額500万円の場合で自己負担額を算出してみました。

360万

医療保険に入っていない場合、公的医療保険によって自己負担額は3割となります。ただし先進医療は対象外のため、自己負担額は高額に。

309万7,430

高額療養費制度を利用すると、自己負担限度額を超えた医療費が払い戻されます。ただし公的医療保険が適用外の治療は除外されるため、先進医療の治療費は丸ごと自己負担に。

9万7,430

先進医療を保障する医療保険の大半は、先進医療の技術料と同額の給付金を受け取れます。高額療養費制度と併用すれば、さらに自己負担額は軽減。