心筋梗塞の再発にそなえた現実的な予防と対策~考えよう、お金のこと~
心筋梗塞の再発にそなえた現実的な予防と対策~考えよう、お金のこと~
心筋梗塞の再発にそなえた現実的な予防と対策~考えよう、お金のこと~ » お金があれば名医に頼れる!?心筋梗塞再発時に手術を依頼したい病院リスト » 奈良のおすすめ病院

奈良のおすすめ病院

奈良県の病院を急性心筋梗塞患者数でランキング

急性心筋梗塞の患者に関する情報から奈良県にある病院のランキングを作成。ランキングのデータは、全国の病院の診療実績を比較できる「病院情報局ナビ」の情報がもととなっています。病院情報局ナビでは疾患別に退院患者数や平均在院日数をチェックすることができ、全国にある急性期病院の診療実績を客観的に比べることが可能です。

また、厚生労働省に報告された診療実績の集計に基づいているので、入院治療に絞った信頼性の高い情報言えるでしょう。今回は平成29年度に急性心筋梗塞で処置・治療を受けて退院した患者数でランキングにしています。

奈良県の急性心筋梗塞退院患者数トップ10

順位 病院名 市区町村 退院患者数
1 社会医療法人高清会 高井病院 天理市 958
2 奈良県立医科大学付属病院 橿原市 738
3 奈良県西和医療センター 生駒郡三郷市 614
4 公益財団法人 天理よろづ相談所病院 天理市 554
5 奈良県総合医療センター 奈良市 515
6 近畿大学医学部奈良病院 生駒市 418
7 医療法人新生会総合病院高の原中央病院 奈良市 379
8 市立奈良病院 奈良市 307
9 医療法人 橿原友紘会 大和橿原病院 橿原市 273
10 独立行政法人地域医療機能推進機構 大和郡山病院 大和郡山市 157

ランキングをみると奈良県の心筋梗塞患者の場合、さまざまなエリアの病院がランキングに含まれています。それは大都市に集中しているのではなく、幅広いエリアで心筋梗塞などの治療が受けられるからでしょう。もちろん退院患者数だけで病院の良し悪しを判断することはできません。

ただ急性心筋梗塞の場合には、適切な処置を一刻も早く行うことが、予後を左右すると言われています。そのため退院患者数が多いということは、その分評判が高く患者が集まっているのではないでしょうか。つまり心筋梗塞の場合には、病院を選ぶ基準のひとつに退院患者数をチェックするのも有効です。

奈良県の心筋梗塞患者数によるランキングトップ3の病院

社会医療法人高清会 高井病院

社会医療法人高清会 高井病院の医師:頓田 央

頓田医師はステントグラフトの資格を複数取得しており、侵襲の少ない治療に力を入れているようです。侵襲を少なくすることによって、身体的負担が少ないだけでなく入院日数を短くできるなど多くのメリットをもたらしてくれるでしょう。

社会医療法人高清会 高井病院の基本情報

社会医療法人高清会 高井病院のアクセス情報

国道169号線を南に向かって進むと、右手に病院があります。

奈良県立医科大学附属病院

奈良県立医科大学附属病院の医師:谷口 繁樹

教授を務める谷口医師は、侵襲の少ない治療を積極的に提案してくれるようです。身体面に負担をかけないことで、早い段階で社会復帰の実現に繋がるでしょう。もちろん他のバイパス手術など状況に応じて提案。より良い治療が何か、しっかり検討してくれるでしょう。

奈良県立医科大学附属病院の基本情報

奈良県立医科大学附属病院のアクセス情報

国道24号線を南に進み、「兵部町」交差点を左折します。国道169号線に入ると、すぐに病院が見えてきます。

奈良県西和医療センター

奈良県西和医療センターの医師:田村大和

心臓血管外科は循環器病研究センターに位置付けられており、循環器内科と心臓血管外科が強い連携がある特徴があります。田村医師は心臓血管外科の部長として、迅速に対応できる体制を構築。より良い治療プランが提供できるように努めてくれています。

奈良県西和医療センターの基本情報

奈良県西和医療センターのアクセス情報

国道25号線を奈良方面に向かって進むと、笠松バス停付近に病院があります。

B!ブックマーク Twitter Facebook LINE
icon
あなたはその時、払えますか?
心筋梗塞の医療費シミュレーション

自己負担額は、医療保険の加入有無、高額療養費制度の利用によって変わります。先進医療の医療費300万円を含む、治療費総額500万円の場合で自己負担額を算出してみました。

360万

医療保険に入っていない場合、公的医療保険によって自己負担額は3割となります。ただし先進医療は対象外のため、自己負担額は高額に。

309万7,430

高額療養費制度を利用すると、自己負担限度額を超えた医療費が払い戻されます。ただし公的医療保険が適用外の治療は除外されるため、先進医療の治療費は丸ごと自己負担に。

9万7,430

先進医療を保障する医療保険の大半は、先進医療の技術料と同額の給付金を受け取れます。高額療養費制度と併用すれば、さらに自己負担額は軽減。