心筋梗塞の再発にそなえた現実的な予防と対策~考えよう、お金のこと~
心筋梗塞の再発にそなえた現実的な予防と対策~考えよう、お金のこと~
心筋梗塞の再発にそなえた現実的な予防と対策~考えよう、お金のこと~ » お金があれば名医に頼れる!?心筋梗塞再発時に手術を依頼したい病院リスト » 宮城のおすすめ病院 » 仙台厚生病院

仙台厚生病院

心筋梗塞が再発した際に手術を依頼できる仙台厚生病院を紹介します。心臓カテーテル手術や冠動脈バイパス術では、東北だけでなく国内でも評判で、心臓血管外科手術に関するセカンドオピニオンにも対応しています。

仙台厚生病院の口コミ評判

宮城で心筋梗塞におすすめの病院リスト

仙台厚生病院の専門医

畑 正樹

仙台厚生病院院長補佐、心臓血管センター長、心臓血管外科科長、臨床工学技士室長を兼務しており、心臓血管外科治療適応に関するセカンドオピニオン担当医でもあります。心臓外科一般を専門領域としており、カテーテル手術や心臓手術などの症例数が豊富。

仙台厚生病院のセカンドオピニオンについて

心臓血管外科の分野については、閉塞性動脈硬化症や不整脈、心臓血管外科の外科治療に関する内容などについてセカンドオピニオンに対応しています。完全予約制で診療を受けている医師からの紹介状や画像資料、病理標本などの資料とともにセカンドオピニオン外来への申し込みが必要です。資料持参のうえ来院、またはFAX、郵送でも受け付けています。費用は、相談時間30分と報告書作成で 20,000円、時間延長の場合は30分まで10,000円となります。

仙台厚生病院の治療費・入院費用

札幌心臓血管クリニックの心筋梗塞の手術と検査について

循環器内科による検査、手術について

心筋梗塞、狭心症といった虚血性心疾患の治療における冠動脈カテーテル手術の実績が豊富。1日に20~30件の冠動脈造影検査を実施しており、冠動脈カテーテル手術も6~7件行っています。ロータブレーターやエキシマレーザーなどの医療機器を導入しており、患者の負担軽減にも配慮しています。

心臓血管外科の手術について

心臓血管外科では年間450~500件にのぼる冠動脈バイパス術、弁膜症手術、大動脈手術を実施しています。特に心臓バイパス手術においては、症例数は東北内でも有数。急性心筋梗塞への対応のために、常時循環器担当の医師が常駐しているほか、2つの心臓血管外科専属手術室があるため、24時間365日対応が可能です。

仙台厚生病院の基本情報

B!ブックマーク Twitter Facebook LINE
icon
あなたはその時、払えますか?
心筋梗塞の医療費シミュレーション

自己負担額は、医療保険の加入有無、高額療養費制度の利用によって変わります。先進医療の医療費300万円を含む、治療費総額500万円の場合で自己負担額を算出してみました。

360万

医療保険に入っていない場合、公的医療保険によって自己負担額は3割となります。ただし先進医療は対象外のため、自己負担額は高額に。

309万7,430

高額療養費制度を利用すると、自己負担限度額を超えた医療費が払い戻されます。ただし公的医療保険が適用外の治療は除外されるため、先進医療の治療費は丸ごと自己負担に。

9万7,430

先進医療を保障する医療保険の大半は、先進医療の技術料と同額の給付金を受け取れます。高額療養費制度と併用すれば、さらに自己負担額は軽減。