心筋梗塞の再発にそなえた現実的な予防と対策~考えよう、お金のこと~
心筋梗塞の再発にそなえた現実的な予防と対策~考えよう、お金のこと~
心筋梗塞の再発にそなえた現実的な予防と対策~考えよう、お金のこと~ » お金があれば名医に頼れる!?心筋梗塞再発時に手術を依頼したい病院リスト » 京都のおすすめ病院

京都のおすすめ病院

京都府の病院を急性心筋梗塞患者数でランキング

急性心筋梗塞の患者に関する情報から京都府にある病院のランキングをみてみましょう。全国の病院の診療実績を比較できる「病院情報局ナビ」の情報がもとにランキングを作成。病院情報局ナビは疾患別に退院患者数や平均在院日数を調査しており、全国にある急性期病院の診療実績を客観的に評価することが可能です。

厚生労働省に報告された、信頼できる診療実績の集計に基づいているため、入院治療に限定した信憑性の高い情報と言えるでしょう。今回は平成29年度に急性心筋梗塞で処置・治療を受けて退院した患者数をランキングにしました。

京都府の急性心筋梗塞退院患者数トップ10

順位 病院名 市区町村 退院患者数
1 医療法人徳洲会 宇治徳洲会病院 宇治市 1218
2 京都第二赤十字病院 京都市上京区 879
3 京都第一赤十字病院 京都市東山区 769
4 国家公務員共済組合連合会 舞鶴共済病院 舞鶴市 743
5 医療法人社団洛和会 洛和会音羽病院 京都市山科区 688
6 独立行政法人国立病院機構京都医療センター 京都市伏見区 631
7 京都市立病院 京都市中京区 585
8 社会福祉法人京都社会事業財団 京都桂病院 京都市西京区 576
9 三菱京都病院 京都市西京区 561
10 武田病院 京都市下京区 559

ランキングをみると京都府の心筋梗塞患者の場合、京都市の病院が多いですが区がバラバラ。さらに1位は宇治市の病院で退院患者数がダントツに多いという結果でした。つまり京都府は、幅広いエリアに心筋梗塞に対応可能な病院が点在している証拠と言えます。もちろん退院患者数だけで病院のすべてを評価することはできません。ただ急性心筋梗塞は、適切な処置がどれだけ早く行えるかが、生存率や予後に影響を及ぼすと言われています。そのため退院患者数が多いという点は、評判が高く患者が集中しているともいえるでしょう。そのため病院を選ぶポイントのひとつとして、退院患者数をチェックするのも大切です。

京都府の心筋梗塞患者数によるランキングトップ3の病院

医療法人徳洲会 宇治徳洲会病院

医療法人徳洲会 宇治徳洲会病院の医師:小林 豊

虚血性心疾患・弁膜症・大動脈疾患・低侵襲心臓血管治療・重症心不全外科治療などを専門分野にしている医師です。「ドクター オブ ドクターズ ネットワーク」評議員会にて優秀専門臨床医に推薦・選考され、就任しています。

医療法人徳洲会 宇治徳洲会病院の基本情報

医療法人徳洲会 宇治徳洲会病院のアクセス情報

県道69号線を南方向に進み、「ぱちんこ村」がある交差点を左折。550メートル程度進むと病院が見えてきます。

京都第二赤十字病院

京都第二赤十字病院の医師:平松 健司

心臓血管外科専門医認定機構の基幹施設として認定されており、24時間365日対応することができます。平松医師は、その部長として日々他の医師と連携しながら治療を実施。日本だけでなくアメリカやヨーロッパなどの学会にも在籍しており、世界中のネットワークにて最新の情報を学んでいるようです。

京都第二赤十字病院の基本情報

京都第二赤十字病院のアクセス情報

烏丸通りを今出川駅方面に進み、「丸太町通り」の信号を左折。さらに「府庁前」の信号を右折すると、すぐに病院があります。

京都第一赤十字病院

京都第一赤十字病院の医師:髙橋 章之

昭和63年に京都府立医科大学を卒業。その後、大学病院で研究及び臨牀のトレーニングを積み、3年間のアメリカ留学も経験しています。心臓血管外科領域全般を担当していますが、特に心臓・大血管外科疾患の手術をメインに実施。より柔軟に対応できるように心がけているそうです。

京都第一赤十字病院の基本情報

京都第一赤十字病院のアクセス情報

東大路通を南に進むと、九条通と交差する地点に病院があります。

B!ブックマーク Twitter Facebook LINE
icon
あなたはその時、払えますか?
心筋梗塞の医療費シミュレーション

自己負担額は、医療保険の加入有無、高額療養費制度の利用によって変わります。先進医療の医療費300万円を含む、治療費総額500万円の場合で自己負担額を算出してみました。

360万

医療保険に入っていない場合、公的医療保険によって自己負担額は3割となります。ただし先進医療は対象外のため、自己負担額は高額に。

309万7,430

高額療養費制度を利用すると、自己負担限度額を超えた医療費が払い戻されます。ただし公的医療保険が適用外の治療は除外されるため、先進医療の治療費は丸ごと自己負担に。

9万7,430

先進医療を保障する医療保険の大半は、先進医療の技術料と同額の給付金を受け取れます。高額療養費制度と併用すれば、さらに自己負担額は軽減。