心筋梗塞の再発にそなえた現実的な予防と対策~考えよう、お金のこと~
心筋梗塞の再発にそなえた現実的な予防と対策~考えよう、お金のこと~
心筋梗塞の再発にそなえた現実的な予防と対策~考えよう、お金のこと~ » お金があれば名医に頼れる!?心筋梗塞再発時に手術を依頼したい病院リスト » 神奈川のおすすめ病院

神奈川のおすすめ病院

神奈川県の病院を急性心筋梗塞患者数でランキング

急性心筋梗塞の患者に関する情報から神奈川県の病院のランキングをみてみましょう。データの元となっているのは、全国の病院の診療実績を客観的に比較できる「病院情報局ナビ」の情報です。病院情報局ナビでは、疾患別に退院患者数や平均在院日数をメインとして、全国の急性期病院の診療実績を比較することが可能です。厚生労働省に報告された信頼できる診療実績の集計に基づき、入院治療に絞った客観性の高い情報が得られます。今回は、平成29年度(4月~翌3月)に急性心筋梗塞で処置を受けて退院した患者の数で比較しています。

神奈川県の急性心筋梗塞退院患者数トップ10

順位 病院名 市区町村 退院患者数
1 湘南鎌倉総合病院 鎌倉市 3,068
2 横須賀共済病院 横須賀市 2,020
3 横浜市東部病院 横浜市鶴見区 1,877
4 総合新川橋病院 川崎市川崎区 1,174
5 湘南藤沢徳洲会病院 藤沢市 1,138
6 昭和大学横浜市北部病院 横浜市都筑区 1,136
7 大和成和病院 大和市 1,007
8 相模原協同病院 相模原市緑区 984
9 北里大学病院 相模原市南区 972
10 関東労災病院 川崎市中原区 883

ランキングをみてわかるように1位の病院は鎌倉市に位置しており、県央部の利便性が高いエリアではありません。しかし、これだけ患者数が多いということは、治療実績や口コミなどで高い信頼を得ているということでしょう。手術数や患者数が多いことだけが病院選びの条件ではありません。しかし、臨床例が多いということは、それだけ様々なケースやトラブルも経験しているということになります。また、常に高い治療水準を維持するためには年間に一定数以上の件数が必要です。退院患者数を多くの患者が命を託している数としてとらえれば、病院選びの重要な要素となることがわかるでしょう。

神奈川の心筋梗塞患者数によるランキングトップ10の病院

湘南鎌倉総合病院

湘南鎌倉総合病院の医師:齋藤 滋

総長、循環器科主任部長を兼務。心臓カテーテル検査やカテーテル治療の実力者として、国内のみならず世界的にも有名で、国内の多くの医師にも影響を与えています。日本心血管インターベンション学会指導医として、若手医師の研修にも積極的に取り組んでいます。

湘南鎌倉総合病院の基本情報

横須賀共済病院

横須賀共済病院の医師:牧田 哲

横須賀共済病院心臓血管外科部長として、末梢血管から心臓大血管までオールラウンドに対応が可能な医師です。急性心筋梗塞などの症例には24時間体制での対応が可能。冠動脈バイパス術、左室形成術などで治療に当たっています。

横須賀共済病院の基本情報

横須賀共済病院のセカンドオピニオン・評判について

横浜市東部病院

横浜市東部病院の医師:伊藤 良明

横浜市東部病院心臓血管センター長、インターベンションセンター長を兼務。循環器一般と冠動脈カテーテルインターベンション治療などを専門としており、冠動脈カテーテル治療に貢献しています。医師が病院内に常時待機するシステムを構築し、24時間いつでも変わらない最高レベルの治療が可能です。

横浜市東部病院の基本情報

総合新川橋病院

総合新川橋病院の医師:林 英次郎

総合新川橋病院心臓血管センター(循環器内科) 部長であり、冠動脈や末梢動脈のカテーテルインターベンションを専門としています。虚血性心疾患やカテーテル治療を長く経験しており、心臓カテーテル検査や心臓カテーテル経皮的冠動脈形成術において豊富な実績があります。

総合新川橋病院の基本情報

湘南藤沢徳洲会病院

湘南藤沢徳洲会病院の医師:片山 郁雄

湘南エリアにある徳洲会病院で心臓血管外科手術を提供する「湘南心臓血管外科グループ」の中心的人物の一人で、心臓血管外科部長を務めています。心筋梗塞などの冠動脈に対する治療としては、循環器科によるカテーテル治療と心臓外科による冠動脈バイパス術の2つの方法から適切に判断して行っています。

湘南藤沢徳洲会病院の基本情報

昭和大学横浜市北部病院

昭和大学横浜市北部病院の医師:南渕 明宏

昭和大学横浜市北部病院循環器センターの心臓血管外科教授として、平成30年から特設された心臓血管外科で循環器内科と連携しながら診療に当たっています。虚血性心疾患に対する冠動脈バイパス術や心臓弁の形成術、人工弁置換術などの手術の実績が豊富です。

昭和大学横浜市北部病院の基本情報

大和成和病院

大和成和病院の医師:倉田 篤

大和成和病院院長、心臓外科医として、患者が十分に納得し心から手術を受けて良かったと思える心臓手術を心がけています。開心術のなかでも心拍動下冠動脈バイパス手術や僧帽弁形成術においては、長年有数の症例数を誇っており、循環器内科によるPCIやステント、心臓血管外科によるオフポンプ手術など、様々な施術で心筋梗塞を治療することが可能です。

大和成和病院の基本情報

相模原協同病院

相模原協同病院の医師:吉武 勇

相模原協同病院心臓血管外科部長であり、成人心疾患や大動脈疾患を専門としています。虚血性心疾患や弁膜症などの心臓・大血管疾患の治療を得意としており、オフポンプ手術や弁形成手術をはじめ、胸部のステント治療やカテーテル治療を合わせたハイブリッド治療などで、手術の低侵襲化にも積極的に取り組んでいます。

相模原協同病院の基本情報

北里大学病院

北里大学病院の医師:鳥井 晋三

医学教育研究開発センター 医療安全学研究部門 教授であり、虚血性心疾患や弁膜症の治療などを専門としています。成人心臓外科、小児心臓外科、血管外科を3本柱としたバランスの良い診療を心がけており、急性心筋梗塞にも24時間で緊急対応が可能です。平成10年に心臓血管センターが開設されたことにより、循環器内科とともに心臓血管手術を実施しています。

北里大学病院の基本情報

関東労災病院

関東労災病院の医師:華山 直二

関東労災病院心臓血管外科部長であり、心臓血管外科全般を専門としています。アメリカで権威のある心臓外科雑誌のエディターとして日本人3人のうちの1人に選出。学術的にも林宗的にも世界から認められています。虚血性心疾患には、カテーテル治療や冠動脈バイパス手術などで対応しており、オフポンプ手術も含めて患者に最適な方法を提案しています。

関東労災病院の基本情報

B!ブックマーク Twitter Facebook LINE
icon
あなたはその時、払えますか?
心筋梗塞の医療費シミュレーション

自己負担額は、医療保険の加入有無、高額療養費制度の利用によって変わります。先進医療の医療費300万円を含む、治療費総額500万円の場合で自己負担額を算出してみました。

360万

医療保険に入っていない場合、公的医療保険によって自己負担額は3割となります。ただし先進医療は対象外のため、自己負担額は高額に。

309万7,430

高額療養費制度を利用すると、自己負担限度額を超えた医療費が払い戻されます。ただし公的医療保険が適用外の治療は除外されるため、先進医療の治療費は丸ごと自己負担に。

9万7,430

先進医療を保障する医療保険の大半は、先進医療の技術料と同額の給付金を受け取れます。高額療養費制度と併用すれば、さらに自己負担額は軽減。