心筋梗塞の再発にそなえた現実的な予防と対策~考えよう、お金のこと~
心筋梗塞の再発にそなえた現実的な予防と対策~考えよう、お金のこと~
心筋梗塞の再発にそなえた現実的な予防と対策~考えよう、お金のこと~ » お金があれば名医に頼れる!?心筋梗塞再発時に手術を依頼したい病院リスト » 岩手のおすすめの病院

岩手のおすすめの病院

岩手県の病院を急性心筋梗塞患者数でランキング

ここでは、急性心筋梗塞の診療実績が豊富な岩手県内の病院を、上位からランキング形式でご紹介しています。診療実績の基準は「心筋梗塞で搬入され、急性期治療を経て退院にいたった患者」。全国の病院の各種情報を公表している「病院情報局ナビ」を参照し、以下のランキング表を作成しています。なお、以下ランキング表の基となるデータの対象時期は平成29年度(4月~翌年3月)となります。

岩手県の急性心筋梗塞退院患者数トップ10

順位 病院名 市区町村 退院患者数
1 岩手医科大学附属病院 盛岡市 985
2 岩手県立中央病院 盛岡市 606
3 岩手県立胆沢病院 奥州市 495
4 岩手県立中部病院 北上市 466
5 岩手県立大船渡病院 大船渡市 256
6 岩手県立久慈病院 久慈市 223
7 岩手県立宮古病院 宮古市 219
8 岩手県立磐井病院 一関市 200
9 岩手県立二戸病院 二戸市 161
10 盛岡赤十字病院 盛岡市 92

第一位の岩手医科大学附属病院と第10位の盛岡赤十字病院を除いて、ご覧のとおり、残り8院はすべて県立病院です。岩手県は北海道に次いで面積の広い自治体ですが、この面積の広さに対応するよう、県は県内20カ所に県立総合病院を、県内6カ所に県立診療センターを設置しています。非常にバランスの良い診療体制が整った自治体です。

岩手県の心筋梗塞患者数によるランキングトップ3の病院

岩手医科大学附属病院

岩手医科大学附属病院の医師:金 一(きん はじめ)

岩手医科大学心臓血管外科教授を務める金一(きん はじめ)医師。専門分野は成人心臓血管外科治療、低侵襲外科心臓手術、心筋虚血再灌流障害で、大人の心臓疾患はもとより小児の心臓疾患の症例も豊富なドクターです。不安なことは何でも相談してほしい、と語る人間味あふれるドクター。

岩手医科大学附属病院の基本情報

岩手県立中央病院

岩手県立中央病院の医師:小田 克彦

平成3年、東北大学医学部を卒業後、同大学大学院にて心臓血管外科を専攻。東北大学医学部臨床教授、岩手県立中央病院心臓血管外科長、医療安全管理部次長、循環器センター長を兼務するなど、精力的に活躍を続ける心臓血管外科医です。

岩手県立中央病院の基本情報

岩手県立胆沢病院

岩手県立胆沢病院の医師:八木 卓也

岩手県立胆沢病院循環器内科長、および救急医療科長を兼任。日本循環器学会や日本不整脈学会など、4つの学会から専門医・認定医資格を付与されています。一般内科での診療にも対応。

岩手県立胆沢病院の基本情報

B!ブックマーク Twitter Facebook LINE
icon
あなたはその時、払えますか?
心筋梗塞の医療費シミュレーション

自己負担額は、医療保険の加入有無、高額療養費制度の利用によって変わります。先進医療の医療費300万円を含む、治療費総額500万円の場合で自己負担額を算出してみました。

360万

医療保険に入っていない場合、公的医療保険によって自己負担額は3割となります。ただし先進医療は対象外のため、自己負担額は高額に。

309万7,430

高額療養費制度を利用すると、自己負担限度額を超えた医療費が払い戻されます。ただし公的医療保険が適用外の治療は除外されるため、先進医療の治療費は丸ごと自己負担に。

9万7,430

先進医療を保障する医療保険の大半は、先進医療の技術料と同額の給付金を受け取れます。高額療養費制度と併用すれば、さらに自己負担額は軽減。