心筋梗塞の再発にそなえた現実的な予防と対策~考えよう、お金のこと~
心筋梗塞の再発にそなえた現実的な予防と対策~考えよう、お金のこと~
心筋梗塞の再発にそなえた現実的な予防と対策~考えよう、お金のこと~ » お金があれば名医に頼れる!?心筋梗塞再発時に手術を依頼したい病院リスト » 千葉のおすすめ病院 » 新東京病院

新東京病院

心筋梗塞が再発した際に手術対応が可能な病院として千葉でおすすめの新東京病院を紹介します。患者の病態や年齢に合わせた手術を行ってくれる病院です。気になる口コミ情報や手術の特徴などについてまとめました。

新東京病院の口コミ評判

千葉で心筋梗塞におすすめの病院リスト

新東京病院の専門医

池谷 佑樹

東邦大学卒で現在は新東京病院の心臓血管外科医長を務めています。心臓血管外科一般を専門領域としており、狭心症や心筋梗塞の手術症例も豊富です。また、様々な専門医、指導医の肩書をもっており、患者からの信頼も厚いと評判です。

新東京病院のセカンドオピニオンについて

公式HP等には、セカンドオピニオン外来などの情報はありません。

新東京病院の治療費・入院費用

新東京病院の心筋梗塞の手術と検査について

心臓内科によるカテーテル検査

心臓内科の冠動脈造影症例は年間6000例を超えています。経皮的冠動脈形成術の症例も約2000例あり、年間約100件の心臓カテーテル大動脈置換術を実施しています。カテーテル治療に関して注力しており、狭心症や心筋梗塞の検査についても実力を発揮しています。(症例数は2019年HP情報)

冠動脈バイパス手術について

狭窄、閉塞した冠動脈に物の部位から採取した自己の血管を吻合することによって、冠動脈の血流を改善させるための手術です。患者の年齢や依存疾患などを考慮してどの血管を使用するかを決定します。手術の際には複数の病変部分を全て治療する完全血行再建を行うため、2~5カ所程度のバイパスを実施します。

オープンステントグラフト手術について

開胸後、患部の血管に金属製のステントグラフトを骨組みとする人工血管を挿入する方法です。直視できるため確実な手術が可能であるとともに、人工血管置換術よりも傷口が小さくなり、患者への負担も軽減できます。2014年から2018年までに125症例について実施しています。

新東京病院の基本情報

B!ブックマーク Twitter Facebook LINE
icon
あなたはその時、払えますか?
心筋梗塞の医療費シミュレーション

自己負担額は、医療保険の加入有無、高額療養費制度の利用によって変わります。先進医療の医療費300万円を含む、治療費総額500万円の場合で自己負担額を算出してみました。

360万

医療保険に入っていない場合、公的医療保険によって自己負担額は3割となります。ただし先進医療は対象外のため、自己負担額は高額に。

309万7,430

高額療養費制度を利用すると、自己負担限度額を超えた医療費が払い戻されます。ただし公的医療保険が適用外の治療は除外されるため、先進医療の治療費は丸ごと自己負担に。

9万7,430

先進医療を保障する医療保険の大半は、先進医療の技術料と同額の給付金を受け取れます。高額療養費制度と併用すれば、さらに自己負担額は軽減。