心筋梗塞の再発にそなえた現実的な予防と対策~考えよう、お金のこと~
心筋梗塞の再発にそなえた現実的な予防と対策~考えよう、お金のこと~
心筋梗塞の再発にそなえた現実的な予防と対策~考えよう、お金のこと~ » お金があれば名医に頼れる!?心筋梗塞再発時に手術を依頼したい病院リスト » 千葉のおすすめ病院 » 千葉西総合病院

千葉西総合病院

心筋梗塞が再発した場合の手術について対応が可能な千葉西総合病院について紹介します。メディアでも取り沙汰されるスーパードクターが院長を務める病院であり、充実した組織体制や医療機器でも国内だけでなく世界から注目されている病院です。

千葉西総合病院の口コミ評判

千葉で心筋梗塞におすすめの病院リスト

千葉西総合病院の専門医

三角 和雄

千葉西総合病院院長、心臓センター長を兼任するとともに東京医科歯科大学臨床教授でもあります。狭心症と心筋梗塞のカテーテル治療の件数が多く、特に狭心症の治療においては、高度な技術を要するロータブレーターを使ったカテーテル治療「経皮的冠動脈形成術」の実績が豊富です。世界的にも偉業でとされ、アメリカの医師格付け機関によって「ベストドクターインジャパン」にも選出(2004-2005/2006-2007/2010-2011/2012-2013/2014-2015)。国内唯一のロータブレーターの指導医資格保持者でもあります(2019年11月時点)。

千葉西総合病院のセカンドオピニオンについて

公式HPでは、セカンドオピニオン外来などの紹介はありませんが、患者様の口コミ評判を見る限りセカンドオピニオンとして利用することは可能です。

千葉西総合病院の治療費・入院費用

千葉西総合病院の心筋梗塞の手術と検査について

256列マルチスライスCT検査について

千葉西総合病院では、従来の心臓カテーテル検査ではなく、256列マルチスライスCTで冠動脈の狭窄、閉塞を検査しています。数十秒息を止めてCTのなかをくぐるだけで冠動脈の異常がわかります。造影剤は動脈にではなく手の静脈からの点滴で可能であるため、動脈を傷つけるリスクもありません。1分以内の撮影時間で検査後の止血や安静も必要なく、そのまま帰宅できるのも大きなメリットといえます。

3つのセンターを持つ心臓血管外科の手術

心臓血管外科には、特設センターとして心臓病センター、低侵襲心臓手術センター、大動脈センターの3つのセンターがあります。心臓病センターでは、循環器科と緊密な連携を図りながら、カテーテル治療・心不全治療などを行い、必要がある際に心臓血管外科で冠動脈バイパス術などに対応しています。狭心症などの冠状動脈疾患では、人工心肺を使用することなく拍動下冠状動脈バイパス手術を行っています。

千葉西総合病院の基本情報

B!ブックマーク Twitter Facebook LINE
icon
あなたはその時、払えますか?
心筋梗塞の医療費シミュレーション

自己負担額は、医療保険の加入有無、高額療養費制度の利用によって変わります。先進医療の医療費300万円を含む、治療費総額500万円の場合で自己負担額を算出してみました。

360万

医療保険に入っていない場合、公的医療保険によって自己負担額は3割となります。ただし先進医療は対象外のため、自己負担額は高額に。

309万7,430

高額療養費制度を利用すると、自己負担限度額を超えた医療費が払い戻されます。ただし公的医療保険が適用外の治療は除外されるため、先進医療の治療費は丸ごと自己負担に。

9万7,430

先進医療を保障する医療保険の大半は、先進医療の技術料と同額の給付金を受け取れます。高額療養費制度と併用すれば、さらに自己負担額は軽減。