心筋梗塞の再発にそなえた現実的な予防と対策~考えよう、お金のこと~
心筋梗塞の再発にそなえた現実的な予防と対策~考えよう、お金のこと~
心筋梗塞の再発にそなえた現実的な予防と対策~考えよう、お金のこと~ » お金があれば名医に頼れる!?心筋梗塞再発時に手術を依頼したい病院リスト » 千葉のおすすめ病院

千葉のおすすめ病院

千葉県の病院を急性心筋梗塞患者数でランキング

千葉県における急性心筋梗塞の患者数が多い病院をランキング形式で紹介します。データの元となっているのは、全国の病院の診療実績を比較したサイト「病院情報局ナビ」です。病院情報局ナビでは、厚生労働省や都道府県が公表している情報がベースとなっているため、信頼度の高い情報を得ることができます。診療実績という口コミでは得ることができない客観的な情報を知ることで、より自分に合った治療を受けられる可能性が高まります。ここでは、平成29年度(4月~翌3月)に急性心筋梗塞で処置を受けて退院した患者の数で比較しました。

千葉県の急性心筋梗塞退院患者数トップ10

順位 病院名 市区町村 退院患者数
1 千葉西総合病院 松戸市 5,371
2 新東京病院 松戸市 2,973
3 千葉メディカルセンター 千葉市中央区 1,701
4 千葉北総病院 印西市 986
5 君津中央病院 木更津市 930
6 国保旭中央病院 旭市 849
7 順天堂大学医学部附属浦安病院 浦安市 819
8 おおたかの森病院 柏市 793
9 亀田総合病院 鴨川市 762
10 東京慈恵会医科大学附属柏病院 柏市 704

千葉県の心筋梗塞患者数ランキングでは、1位と2位が松戸市にある病院となっています。都心からの通いやすさもさることながら、上記2位には全国的にも名高い医師が在籍していることが大きな理由でしょう。患者数が多いことが必ずしも良い病院であるとは言い切れませんが、たくさんの症例を経験している病院のほうがより的確な治療を受けられる可能性が高いといえます。多くの患者は地域の開業医からの紹介により手術を受ける医療機関を決めるため、患者数の多い病院というのは地域医療のプロから信頼されている病院であると考えることもできるでしょう。

千葉県の心筋梗塞患者数によるランキングトップ10の病院

千葉西総合病院

千葉西総合病院の医師:三角 和雄

心筋梗塞や狭心症のカテーテル手術において多くの実績があります。先端医療であるロータブレータやエキシマレーザーなどの心臓カテーテルを得意とし、他院でバイパス手術しか方法がないと言われた患者が訪れることも多い名高い医師です。

千葉西総合病院の基本情報

千葉西総合病院

新東京病院

新東京病院の医師:中村 淳

同院の院長であり、心臓カテーテル治療が登場した当初から学んできたスペシャリストです。ここ10年、心筋梗塞を含めた緊急患者の多くの治療を担当しています。

新東京病院の基本情報

新東京病院のセカンドオピニオン・評判について

千葉メディカルセンター

千葉メディカルセンターの医師:三原 和平

心臓血管センターの副センター長と心臓血管外科診療部長を兼任。オフポンプバイパスを積極的に取り入れ、患者自身の動脈を中心に利用することで負担の少ない手術を行っています。

千葉メディカルセンターの基本情報

日本医科大学千葉北総病院

日本医科大学千葉北総病院の医師:別所 竜蔵

心臓血管外科部長であるとともに日本医科大学の教授でもあります。科学的根拠に基づいた治療戦略で、国内外の公式データベースにより算出した予想手術リスクよりも極めて良好な手術成績を維持し続けています。

千葉北総病院の基本情報

君津中央病院

君津中央病院の医師:須藤 義夫

同院の副院長であり、虚血性心疾患・心臓弁膜症・胸部大動脈瘤が専門分野です。冠動脈バイパス術においては侵襲軽減のためにできる限り人工心肺を用いず、約9割をオフポンプ術としています。

君津中央病院の基本情報

国保旭中央病院

国保旭中央病院の医師:神田順二

副院長、主任部長、循環器センター長を兼務。冠動脈カテーテル治療に多くの実績があり、治療法の選択や実際の治療に定評があります。急性心筋梗塞の治療成績は極めて良好で、外科と連携して最適な方法で治療を行っています。

国保旭中央病院の基本情報

順天堂大学医学部附属浦安病院

順天堂大学医学部附属浦安病院の医師:稲葉 博隆

心臓血管外科の科長でありながら順天堂大学の教授でもあります。成人心臓外科一般が専門です。冠動脈バイパス手術ではオフポンプを第一選択としており、周術時の合併症の軽減に取り組んでいます。

順天堂大学医学部附属浦安病院の基本情報

おおたかの森病院

おおたかの森病院の医師:市原 哲也

おおたかの森病院心臓血管外科部長であり、心臓血管外科・胸部大動脈瘤手術の実績ある医師です。心臓血管外科部門手術全般を専門としています。人口血管置換術とステント治療のどちらが最適かを見極めた治療で、元気に退院できることを重視している医師です。

(資格などの情報なし)

おおたかの森病院の基本情報

亀田総合病院

亀田総合病院の医師:田邊 大明

心臓血管外科の主任部長と東京医科歯科大学の教授を兼務。専門は後天性の心臓血管外科です。冠動脈バイパス手術では患者本人の動脈を使用してバイパスを行うことを基本とし、長期予後にも配慮。オフポンプ術も多くおん実績があります。

亀田総合病院の基本情報

東京慈恵会医科大学附属柏病院

東京慈恵会医科大学附属柏病院の医師:長沼 宏邦

心臓外科の診療部長であり、専門は大血管、冠疾患、弁膜症です。疾患だけをみるのではなく、個々の患者背景にも目を配った治療を行っています。心筋梗塞に伴う心室中隔穿孔や左室瘤などの合併症の治療にも積極的に取り組んでいることが特徴です。

東京慈恵会医科大学附属柏病院の基本情報

B!ブックマーク Twitter Facebook LINE
icon
あなたはその時、払えますか?
心筋梗塞の医療費シミュレーション

自己負担額は、医療保険の加入有無、高額療養費制度の利用によって変わります。先進医療の医療費300万円を含む、治療費総額500万円の場合で自己負担額を算出してみました。

360万

医療保険に入っていない場合、公的医療保険によって自己負担額は3割となります。ただし先進医療は対象外のため、自己負担額は高額に。

309万7,430

高額療養費制度を利用すると、自己負担限度額を超えた医療費が払い戻されます。ただし公的医療保険が適用外の治療は除外されるため、先進医療の治療費は丸ごと自己負担に。

9万7,430

先進医療を保障する医療保険の大半は、先進医療の技術料と同額の給付金を受け取れます。高額療養費制度と併用すれば、さらに自己負担額は軽減。