心筋梗塞の再発にそなえた現実的な予防と対策~考えよう、お金のこと~
心筋梗塞の再発にそなえた現実的な予防と対策~考えよう、お金のこと~
心筋梗塞の再発にそなえた現実的な予防と対策~考えよう、お金のこと~ » お金があれば名医に頼れる!?心筋梗塞再発時に手術を依頼したい病院リスト » 青森のおすすめの病院

青森のおすすめの病院

青森県の病院を急性心筋梗塞患者数でランキング

ここでは、急性心筋梗塞の診療実績が豊富な青森県の病院を、上位からランキング形式で発表しています。診療実績の基準は「心筋梗塞で入院し、急性期治療を経て退院へといたった患者の数」です。全国の病院の診療実績を疾患別でまとめて公表しているサイト「病院上表局ナビ」の情報をもとに、当編集部がランキング形式で編集しました。なお以下のランキングは、平成29年度(4月~翌年3月)までの情報を基にしています。

青森県の急性心筋梗塞退院患者数トップ10

順位 病院名 市区町村 退院患者数
1 弘前大学医学部附属病院 弘前市 679
2 青森県立中央病院 青森市 461
3 青森市民病院 青森市 429
4 八戸市立市民病院 八戸市 387
5 つがる総合病院 五所川原市 260
6 むつ総合病院 むつ市 229
7 八戸赤十字病院 八戸市 218
8 あおもり協立病院 青森市 178
9 十和田市立中央病院 十和田市 166
10 青森厚生病院 青森市 135

弘前大学医学部附属病院が実績第一であることは、大半の県民が予想している通りでしょう。次いで青森県立中央病院、青森市立病院となっていますが、全体的には、やや青森市に偏っている印象です。人口の分布から考えれば、弘前市や八戸市にもバランスよく病院があったほうが良かったでしょう。

青森県の心筋梗塞患者数によるランキングトップ3の病院

弘前大学医学部附属病院

弘前大学医学部附属病院の医師:福田 幾夫

弘前大学医学部付属病院心臓血管外科・呼吸器外科の診療科長、および教授を兼任している福田医師。虚血性心疾患、心臓弁膜症、胸部大動脈瘤、血栓塞栓症などの治療を専門にするドクターです。動脈グラフトを多用した冠動脈バイパス手術の症例が豊富で、かつ成績が良好。

弘前大学医学部附属病院の基本情報

青森県立中央病院

青森県立中央病院の医師:永谷 公一

平成8年、埼玉医科大学を卒業後、弘前大学医学部臨床准教授、東北大学医学部臨床教授などを経て、青森県立中央病院に入職。2019年現在、同院心臓血管外科部長を務めています。得意分野は冠動脈バイパス、弁形成、大動脈外科手術、テントグラフト治療など。

青森県立中央病院の基本情報

青森市民病院

青森市民病院の医師:福井 康三

青森市民病院の副院長を務める福井康三医師。専門は心臓血管外科で、特に心臓弁膜症の外科治療、大動脈外科治療、虚血性心疾患の外科治療の症例を豊富に有するドクターです。弘前大学胸部心臓血管外科にて准教授を兼任。

青森市民病院の基本情報

B!ブックマーク Twitter Facebook LINE
icon
あなたはその時、払えますか?
心筋梗塞の医療費シミュレーション

自己負担額は、医療保険の加入有無、高額療養費制度の利用によって変わります。先進医療の医療費300万円を含む、治療費総額500万円の場合で自己負担額を算出してみました。

360万

医療保険に入っていない場合、公的医療保険によって自己負担額は3割となります。ただし先進医療は対象外のため、自己負担額は高額に。

309万7,430

高額療養費制度を利用すると、自己負担限度額を超えた医療費が払い戻されます。ただし公的医療保険が適用外の治療は除外されるため、先進医療の治療費は丸ごと自己負担に。

9万7,430

先進医療を保障する医療保険の大半は、先進医療の技術料と同額の給付金を受け取れます。高額療養費制度と併用すれば、さらに自己負担額は軽減。