心筋梗塞の再発にそなえた現実的な予防と対策~考えよう、お金のこと~
心筋梗塞の再発にそなえた現実的な予防と対策~考えよう、お金のこと~
心筋梗塞の再発にそなえた現実的な予防と対策~考えよう、お金のこと~ » お金があれば名医に頼れる!?心筋梗塞再発時に手術を依頼したい病院リスト » 愛知のおすすめの病院

愛知のおすすめの病院

愛知県の病院を急性心筋梗塞患者数でランキング

ここでは、愛知県における急性心筋梗塞の治療実績が豊富な病院をランキング形式で発表しています。ランキングの基となっている数字は、急性心筋梗塞で入院し、急性期治療を経て退院へといたった患者の数。全国の病院の様々な実績データをまとめている信頼のサイト「病院情報局ナビ」の情報を参照し、当編集部が独自でランキング化しました。なお、以下のランキングは平成29年度(4月~翌年3月)のデータを基に作成しています。

愛知県の急性心筋梗塞退院患者数トップ10

順位 病院名 市区町村 退院患者数
1 豊橋ハートセンター 豊橋市 1,332
2 一宮西病院 一宮市 1,276
3 藤田医科大学病院 豊明市 1,117
4 名古屋ハートセンター 名古屋市東区 846
5 一宮市立市民病院 一宮市 842
6 豊田厚生病院 豊田市 813
7 岡崎市民病院 岡崎市 775
8 小牧市民病院 小牧市 763
9 トヨタ記念病院 豊田市 736
10 名古屋第一赤十字病院 名古屋市中村区 715

県内で診療実績第一位となった病院が、豊橋ハートセンターです。脳神経外科や形成外科なども併設している同センターですが、基本的には心臓関連の診療をメインに行っている病院です。第二位以下は一宮西病院、藤田医科大学病院と続きますが、第十位の名古屋第一赤十字病院まで、各院の実績は僅差。愛知県には、良質の病院が地理的にバランスよく分布していると考えて良いでしょう。

愛知県の心筋梗塞患者数によるランキングトップ3の病院

豊橋ハートセンター

豊橋ハートセンターの医師:鈴木 孝彦

豊橋ハートセンターを開設し、かつ、みずから院長を務めている循環器内科医・鈴木孝彦医師。病気で落ち込んだ人が多く訪れる病院だからこそ、自分たち医療従事者が率先して明るく振る舞うべきだ、との信念を持つホスピタリティ一杯のドクターです。1983年以降、1万例を超える経皮的冠動脈形成術(PCI)を手がけたPCIの第一人者。

豊橋ハートセンターの基本情報

一宮西病院

一宮西病院の医師:菊地 慶太

菊地医師は、一宮病院にて心臓血管外科統括部長とハートセンターセンター長を兼任している心臓血管外科医。得意分野は低侵襲心臓手術、冠動脈バイパス術、弁膜症手術(特に形成手術)です。モットーは「自分の家族に行うように、すべての患者に対して細心の医療を行う」。

一宮西病院の基本情報

藤田医科大学病院

藤田医科大学病院の医師:高木 靖

高木医師は、藤田医科大学病院の心臓血管外科教授。虚血性心疾患、心臓弁膜症、大動脈疾患を専門に執刀・研究にあたるドクターです。過去、1,000件以上もの冠動脈場オパス手術を執刀。心拍動下手術、僧帽弁・大動脈弁形成手術、胸部大動脈瘤手術の症例も豊富です。

藤田医科大学病院の基本情報

B!ブックマーク Twitter Facebook LINE
icon
あなたはその時、払えますか?
心筋梗塞の医療費シミュレーション

自己負担額は、医療保険の加入有無、高額療養費制度の利用によって変わります。先進医療の医療費300万円を含む、治療費総額500万円の場合で自己負担額を算出してみました。

360万

医療保険に入っていない場合、公的医療保険によって自己負担額は3割となります。ただし先進医療は対象外のため、自己負担額は高額に。

309万7,430

高額療養費制度を利用すると、自己負担限度額を超えた医療費が払い戻されます。ただし公的医療保険が適用外の治療は除外されるため、先進医療の治療費は丸ごと自己負担に。

9万7,430

先進医療を保障する医療保険の大半は、先進医療の技術料と同額の給付金を受け取れます。高額療養費制度と併用すれば、さらに自己負担額は軽減。