心筋梗塞の再発にそなえた現実的な予防と対策~考えよう、お金のこと~
心筋梗塞の再発にそなえた現実的な予防と対策~考えよう、お金のこと~
心筋梗塞の再発にそなえた現実的な予防と対策~考えよう、お金のこと~ » 運営者情報

運営者情報

サイト運営について

当サイトをご覧いただきありがとうございます。心筋梗塞を患ったことのある人であれば、再発のリスクは少なからず考えたことがあるでしょう。「最近また胸が痛いときがある…」「次の健康診断で引っかかるのではないか…」など、心配は尽きないものです。

心筋梗塞の再発予防には、日常生活の見直しや薬の服用を続けることはもちろん、金銭的な不安を取り除いておくことも大切です。万が一再発して手術に至れば、薬物療法に比べて多くの費用がかかり、生活に支障をきたすリスクも考えられます。特に、先進医療においては高額療養費制度が適用されず全額自己負担となるため、多額の費用がかかると予想できます。この機会に医療保険を検討し、いざという時のための備えをしておきましょう。

とはいえ、すでに心筋梗塞を患っているため、医療保険に入りたくても入れないと思っている人も多いようです。実は医療保険には「緩和型医療保険」というものが存在し、持病があっても入れるものがあります。 当サイトでは、一部記事をファイナンシャルプランナー資格者の協力の元、心筋梗塞を患っていても入れる医療保険をまとめていますので、医療保険を選ぶ際の参考にしていただけると幸いです。

免責事項

当サイトでは可能な限り正確な情報提供に努めていますが、完全な正確性を保証するものではありません。当サイトの情報により何らかのトラブルや損失・損害等が発生しましても、一切の責任を負いかねます。

また、サイト作成にあたっては2019年10月時点の情報を参考にしています。予告なく削除や変更を行う場合もありますことをご了承ください。

なお、当サイトの記事や画像を無断転載することは固く禁じております。

B!ブックマーク Twitter Facebook LINE
icon
あなたはその時、払えますか?
心筋梗塞の医療費シミュレーション

自己負担額は、医療保険の加入有無、高額療養費制度の利用によって変わります。先進医療の医療費300万円を含む、治療費総額500万円の場合で自己負担額を算出してみました。

360万

医療保険に入っていない場合、公的医療保険によって自己負担額は3割となります。ただし先進医療は対象外のため、自己負担額は高額に。

309万7,430

高額療養費制度を利用すると、自己負担限度額を超えた医療費が払い戻されます。ただし公的医療保険が適用外の治療は除外されるため、先進医療の治療費は丸ごと自己負担に。

9万7,430

先進医療を保障する医療保険の大半は、先進医療の技術料と同額の給付金を受け取れます。高額療養費制度と併用すれば、さらに自己負担額は軽減。